2017/07/04 20:45

マイルールが増える30代だから…軽やかに暮らす「俯瞰のコツ」

“東京以外”の拠点を持って得た柔軟な視点
“東京以外”の拠点を持って得た柔軟な視点

東日本大震災を機に、東京以外に拠点を持つライフスタイルを送っている、イラストレーターの松尾たいこ(まつお・たいこ)さん。前回のインタビューでは、拠点を増やす際に、「夫と離れて生活してみたことで、いろんなことを、一人でできるんだという自信が出てきた」と語ってくださいました。

とはいえ、これまでの習慣を変えるのはなかなか抵抗のあるもの。自分の意思をはっきりと持ちながらも、柔軟に変化を受け入れるコツはどこにあるのでしょうか。今回は、暮らしを通して、松尾さん自身が培ってきた「自分自身を俯瞰する方法」について伺いました。

第1回:ここではないどこかに憧れる貴女へ「東京以外」に拠点を持って気づいたこと

40過ぎて意固地になっちゃう人は多い

——年を重ねると、マイルールも増えてくると思います。その中で変化を柔軟に受け入れるコツはどこにあるのでしょうか。

松尾たいこさん(以下、松尾):私は、そもそも「こうでなくてはいけない」という決めつけがないんです。でも、ふと周囲を見てみると、40歳過ぎたあたりで意固地になっちゃう人は多いなと感じます。もったいないですね。私はずっと自分に自信がなかったからこそ、やったことがないことはやってみたい。知らないことは知りたい。だから、人に言われたことは素直に聞いてみるようにしています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >