2017/07/05 22:30

「自分のダメな部分は見ない」好きな場所で気持ちよく働き続けるコツ

自由な暮らしと好きな仕事を続ける方法
自由な暮らしと好きな仕事を続ける方法

「30代になってからようやく好きなことを見つけたから、絵を趣味じゃなくて一生の仕事にしたいと思った」と話す、イラストレーターの松尾たいこ(まつお・たいこ)さん。東京のほかに、軽井沢と福井に生活の拠点を持ち、軽やかに暮らし、仕事をしています。

2014年からは、イラスト以外にも、福井に構えたアトリエで陶器作品を作る「千年陶画プロジェクト」も開始。“ETERNAL HAPPINESS 色あせない幸せ”をテーマに、松尾さん自身も新たな挑戦を続けています。

インタビュー最終回は、好きな場所で気持ちよく、長く働き続けるコツを伺いました。

第1回:ここではないどこかに憧れる貴女へ「東京以外」の暮らし
第2回:マイルールが増える30代…軽やかに暮らす「俯瞰のコツ」

自分の仕事を嫌いにならないこと

——イラストレーターを目指して上京したのが32歳。そこからずっと活躍されていますよね。

松尾たいこさん(以下、松尾):ありがとうございます。30代になってようやく好きなことを見つけたから、趣味じゃなくてずっと仕事として続けていきたい!と思っているんです。日々、いつまでも自分自身が気持ちよく仕事を頑張るために「どう続けるか?」を考えています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >