2017/08/13 20:45

足が疲れるのは扁平足だから? 理学療法士が伝授するセルフケア

足が疲れるのは扁平足だから? 理学療法士が伝授するセルフケア
足が疲れるのは扁平足だから? 理学療法士が伝授するセルフケア

友人と出かけたとき、ふたりともスニーカーなのに自分だけ足が疲れる、足の裏が痛くなるといった経験はありませんか。

足と靴専門の理学療法士で馬喰快歩堂(ばくろかいほどう。東京都中央区)所長の三浦賢一さんは、「扁平足の可能性があります。日本人に多い足のトラブルで、長い距離を歩かなくても、疲れや足裏の痛みを感じやすくなります」と話します。詳しく聞いてみました。

扁平足だとなぜ足が疲れやすくなるの?

扁平足とは、どのような状態のことを言うのでしょうか。三浦さんはこう説明します。

「足裏には誰しも、土踏まずのアーチがあります。これがほどよく形成されていれば、歩行時に足を着地する際の衝撃を吸収します。また、足を蹴りだすときには、アーチがバネのように地面と反発して前に進みやすくします。

土踏まずの部分は、幼児のころは脂肪がついていますが、8~10歳ごろに形成されます。それ以降になっても、遺伝的要因や、幼少期に外で遊ぶことが少なく足底があまり発育しなかった、足に合わない靴を履いて足底に負担をかけ続けたなどの理由で、アーチが形成されずに平べったいままの足の底を扁平足と呼びます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >