2017/10/29 12:00

7割の夫が、妻に乳がん検診を勧めた経験 治療と仕事の両立の意識に男女差も

7割の夫が、妻に乳がん検診を勧めた経験
7割の夫が、妻に乳がん検診を勧めた経験

毎年10月は、ピンクリボン月間。乳がんの早期発見・早期治療を啓発、推進する取り組みなどが、行政、市民団体、企業などで行われています。

このたび、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険が、既婚の男女1100人を対象に「乳がんに関するアンケート」を行いました。その結果、約6割の女性が「乳がんに罹患しても仕事を続けたい」と回答。

対して、男性は「続けてほしい」が約2割にとどまるなど、「病気の治療と仕事の両立」に関する男女の意識差が明らかになりました。

乳がんに罹患しても仕事を続けたい

女性に対して、「乳がんにかかったとしたら仕事を続けたいと思いますか?」という質問をしたところ、61.2%が「仕事を続けたい」と回答しました。

一方、男性に対して「配偶者が乳がんにかかったとしたら、仕事を続けて欲しいと思いますか?」という質問に「仕事を続けてほしい」と回答したのは22.4%にとどまりました。

乳がんに対する関心の差

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >

おすすめキャンペーン