2017/11/06 21:45

足が痛まないブーツの選び方8つ【理学療法士が教える】

足が痛まないブーツの選び方8つ【理学療法士が教える】
足が痛まないブーツの選び方8つ【理学療法士が教える】

おしゃれなブーツを見つけて試し履きをすると、「指にちょっと痛みを感じるけれど、せっかく気に入ったし」と勢いで買うことはありませんか。

足と靴専門の理学療法士で馬喰快歩堂(ばくろかいほどう。東京都中央区)所長の三浦賢一さんによると、「試し履きは、靴が自分の足に合うか、長く履ける靴となるかを見極める最後の機会です。チェックするポイントを把握しておきましょう」とのことです。そこで、ブーツを試すコツについて教えてもらいました。

素材、スペース、履き口、骨の圧迫をチェック

ショップで試し履きをするときは、まずはデザインがどうか、自分に似合っているか、次に履き心地がよいかなどを確認して買うことが多いでしょう。このような選び方に対し三浦さんは、次のようにアドバイスをします。

「デザインや履き心地と、靴のサイズが合っているかどうかは別の感覚です。まず、自分の足に靴のサイズが合っているかどうかを確認しましょう。試し履きをしたときに、痛い部分がないかをよく確かめてください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >