2017/11/15 10:00

低気圧女子は“五季”が新常識? 季節ごとの空模様と体調不良のカンケイ

季節ごとの空模様と体調不良のカンケイ
季節ごとの空模様と体調不良のカンケイ

空がどんより厚い雲で覆われると、頭もズーンと重たくなる。

季節の変わり目はやる気が起こらず戦意喪失、仕事がまったくはかどらない。

ただでさえ生理の日はツラいのに、雨が降ると吐き気まで……。

と思い当たったあなたは、天気によって体調や気分が左右される、低気圧女子かもしれません! 気象予報士で、『低気圧女子の処方せん』(セブン&アイ出版)を上梓したばかりの小越久美(おこし・くみ)さんに、女子の正しい天気との付き合い方をレクチャーしていただきます。

前回、季節の変わり目で不調が起こりやすいという話がありましたが、今回はそれぞれの季節の特徴的な空模様と、関連して起こり得る体の不調について教えてもらいました。

気分の落ち込みが激しくなる季節

寒い日と暖かい日を周期的に繰り返しながら、冬から春へ。気温差が大きく、爆弾低気圧が発生する季節でもある春は、体が受けるストレスも相当なもの。

「春の始まりは気温差、気圧の変化ともに大きく、さらに2〜3月にかけては急速に発達する低気圧、通称『爆弾低気圧』が発生しやすいため、体はお天気に振り回されっぱなしの印象です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >