2017/12/01 15:01

“ブルー期間”をタブー視したくない 女性のカラダに着目したブランド誕生の裏側

女性のカラダに着目したブランドに込めた思い
女性のカラダに着目したブランドに込めた思い

「JOURNAL STANDARD」や「IENA」などを扱うベイクルーズが、生理週間を軸に女性のライフスタイルをデザインする新ブランド「EMILY WEEK」を発表しました。オリジナルのデリケートパッド(布ナプキン)やアロマグッズを中心に取りそろえたブランドです。

「EMILY WEEK」を企画したのは、柿沼あき子さん(32才)。自身もPMS(月経前症候群)に悩まされていたという経験を元に、社内ベンチャー制度を使って立ち上がったブランドです。ブランドに込めた思いや、生理期間中を穏やかに過ごす秘訣を伺いました。

女子のブルーな期間をポジティブに

ーー「EMILY WEEK」のターゲット層は、働き盛りの女性なんですよね。

柿沼あき子(以下、柿沼):はい。20代後半から30代の女性です。出産結婚仕事と選択肢が増えて、これからをより深く考えなければいけないタイミング。そういう方々が、改めて自分の体と向き合って、一旦一息つけるといいなと思ったんです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >