2018/05/09 20:45

夫の腎臓をもらった妻の話「削ぎ落とされても残るもの、それは愛でした」

夫の腎臓をもらった妻「削ぎ落としても残るものは愛でした」
夫の腎臓をもらった妻「削ぎ落としても残るものは愛でした」

中学1年生の時に腎臓病になり、36歳で末期腎不全になってしまった、ライターのもろずみはるかさん。選択肢は人工透析か移植手術という中で、健康な腎臓を「あげるよ」と名乗り出たのは彼女の夫でした。

けれど、もし自分の健康のためにパートナーの身体にメスを入れることになったとして、「当然だ」と思えるでしょうか、それとも——。もろずみさん自身の声で、手術のあと先について綴っていただきました。

夫の腎臓を1つもらいました

はじめまして、ライターのもろずみはるかと申します。私は中学1年生の頃から腎臓病を患っており、38歳の2018年3月に腎臓の移植手術(以下、腎移植)を受けました。ドナーになってくれたのは夫でした。

おかげさまで手術は大成功。術後6日で退院するほどで(退院から5日で再入院するという緊急事態も難なく乗り越え)、術後の経過も順調そのもの。人生の折り返し地点で命をわけてもらうことができました。

そんな人間が今後どう生きるか。私は夫や家族、友人、私と出会ってくださったみなさまに少しずつ恩返しできるような人生を歩みたいと思っています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >