2018/05/15 09:45

会話は質より回数。いつでも「ごきげん」を保つための小さな努力

いつでも「ごきげん」を保つための小さな努力
いつでも「ごきげん」を保つための小さな努力

ちょっとのコツで、日々の生活を豊かにしてくれる「人間関係」。でも、学校や職場で人間関係についてちゃんと教えてもらったなんて人は少ないのではないでしょうか。

そこで、第3回となる今回は、コミュニティの中で「ごきげん」を保つためのレッスンをお届けします。

【第1回】「女子の人間関係=モヤモヤ」はもう古い
【第2回】「毒のある言葉」は受取拒否してOK

「挨拶+α」ちょっとしたひと言をマメに伝えよう

人間関係がうまくいっている人には、いくつかの共通する習慣があります。「ごきげん」でいることもそのひとつ。逆にいうと、人間関係がうまくいかず、孤立しがちな人は、「不機嫌」になっている傾向が……。

今回は、コミュニティの中で「ごきげん」を保つために無理なくできて、効果が高い方法をお伝えしましょう。

まずは、ちょっとしたひと言をマメにかけ合うこと。身近な人との風通しがよくなると、安心して毎日が送れるというもの。「自分からは話しかけにくい」という人もいますが、「挨拶+α」なら、だれでもできるはず。「おはようございます。今日は天気がよくなりましたね」「最近、忙しいですか?」「週末のイベント、行かれました?」など、なんでもいいのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >