2018/05/16 20:45

「持病のせいでと言いたくない」 腎臓病を抱えた彼女が働くことにこだわる理由

腎臓病を抱えた彼女が働くことにこだわる理由
腎臓病を抱えた彼女が働くことにこだわる理由

2018年3月、夫がドナーとなり腎臓移植手術を受けたもろずみはるかさん。「精神的にも肉体的にも夫に寄りかかっている部分が大きいから、経済的には自立していたい。働くことに妥協したくない」と言う彼女が選んだのは、フリーランスという働き方でした。組織大好き人間だったというもろずみさんが、フリーのライターになって感じたこととは?

「いつかは透析」と言われて

前回もお話ししましたが、私は25年間、腎臓の病気と歩んできました。中学1年生の頃から「いつかは透析」と医師に言われ続けて、36歳で腎不全に。いよいよという時に、夫が「腎臓をひとつあげる」と、手を差し伸べてくれました。そして私は、夫婦間腎移植を受け、25年ぶりに不治の病から解放されたのでした。

拒絶反応が起こらないよう、生涯、免疫抑制剤を飲み続ける必要はありますが、私は夫の腎臓を分けてもらったこの身体でこれからも生きていきます。元気に生活を続けることがひとつの使命だと思うのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >