2018/05/25 15:10

「そういえば私、会社員だった」中間管理職になって気づいた“現実”

中間管理職になって気づいた“現実”
中間管理職になって気づいた“現実”

元フジテレビのアナウンサーで現在は経済ジャーナリストとして活躍中の小出・フィッシャー・美奈さん(58)。

米国の投資運用会社で働いていた経験をもとに、投資業界で働く人々の実像に迫った『マネーの代理人たち〜ウォール街から見た日本株〜』(ディスカヴァー携書)を上梓しました。

小出さんは新卒でフジテレビに入社。ニュース番組のキャスターを務めたのちに記者職に転向し、外信デスクを経て37歳のときにフジテレビを退社。MBA留学後、投資業界に転職して米国でアナリストやファンドマネジャーとして活躍し、現在は経済ジャーナリストという“異色の”経歴の持ち主です。

第4回目は会社を辞める決心をしたときのお話を聞きます。

【第1回】37歳で金融に転身した元フジアナの仕事論
【第2回】アナウンサーにはなったけど…「私は偽物じゃないか?」という葛藤
【第3回】「組織の力=自分の力ではない」

「気がつけば、いつもカオスの中」

——記者時代で印象に残っていることはありますか?

小出・フィッシャー・美奈さん(以下、小出):ちょうど消費税が最初に導入されたときに竹下内閣の総理番記者になったんですが、いろいろなものを見ました。

——総理番! すごいですね!!

小出:って思われるでしょう? 総理大臣を担当する記者はベテランがなるというふうに勘違いされているんですが、総理番は政治記者のピラミッドがあるとすると、一番底辺の記者がやるものなんです。

——なぜですか?

小出:総理大臣の行くところ、常に動静取材をする各社の「番記者」がずらっと囲むんですが、質問して総理が言ったことを聞いた記者だけが記事にできるとしてしまうと、押し合いへし合いが起きて事故につながる可能性もあるので、総理の発言は「番記者」全社で共有するんです。そういう合意があるので特ダネもなければ特オチもないという理由から、新人記者に丁度良い仕事だと思われているんです。

——なるほど。

小出:当時は消費税導入*の嵐の中にいていろいろなドラマを見ることができました。あと、総理番と並行して、派閥担当もやりました。

ここは落としてはならない重要な派閥や議員となるとベテラン記者ががっちりマークするんですが、私は女性記者だからということで、弱小派閥に付けられたんです。

当時、自民党で一番小さかった派閥に河本派というのがあり、そこの担当になりました。そしたら河本派に海部俊樹さんがいたんですが、当時の派閥の力学から思いがけず総理大臣になっちゃったんですよ。
*1989年4月に消費税法が施行。

——海部さん、覚えてます!

小出:いきなり首相派閥担当になってしまってその前後のことを追いかけたり、その後、省庁取材に移って外務省に行ったんですけれど、そしたら今度は湾岸戦争(1991年)が起こって外務省の記者クラブで2週間ほど寝泊まりすることになったり……。

求めたわけではないんですが、気が付いたら常にカオスの中にいた感じですね。

——カオスが小出さんを追いかけてきた感じですね。

小出:はい。ほかにも外務大臣の同行で「ベルリンの壁」崩壊前のソ連時代のロシアに行ったり、野党同行取材で北朝鮮に行ったりと、個人ではなかなかアクセスできないところに行かせてもらって非常に勉強になったし、多くの貴重な体験をさせていただきました。タフな仕事ではありましたが、記者職は性格に合っていたようで、楽しかったですね。

「私、会社員だった」初めて気づいた現実

——歴史の資料集を読んでいるみたいです。すごく充実した日々ですね。

小出:ええ。ところが、32~33歳頃のある日、突然「外信部のデスクをやってくれ」と言い渡されたんです。

サラリーマンのキャリアとしては「昇進」ですし、デスクというのはあちこちに出回っている記者やカメラクルーなど、いろいろなコマを動かしてまとめる役という、非常に重要な仕事です。

でも、私にとってはそこで現場が終わっちゃったんですね。記者の言葉で言ったら「一丁上がり」になっちゃったんです。

私は最初はアナウンサーで、次に記者という「職業」に就いたと思っていたんです。でも、そのときに初めて、私は職業に就いていたわけではなくて、会社員だったという現実を突きつけられたんです。

マネジメントは向き不向き

——プレイヤーからマネージャーに、ということですね?

小出:マネジメントって大切な仕事だと思うんですよ。そこに女性が就くというのも重要なことで、人をまとめる役割を担って多くの人を動かすことによって、大きな仕事をする人もいるわけです。

それはそれですごく大事な仕事だと思うんですけれど、ただ自分にそれが向いているかどうかというのは別問題で、私の場合は向いてなかった。

——多くの働く女性がぶちあたる問題だと思います。3月までNHKアナウンサーだった有働由美子さんも最近出された著書で「現場にいて現役を続けたい」と書いてらっしゃいました。

やっぱり組織にいると現場から管理職になることを求められることもある。私も自分をプレイヤータイプだと思っているんですが、プレイヤーにこだわるのは自分のワガママなのかな、マネージャーになりたいと思わない私は未熟なのかなと思っていました。

小出:やっぱり向き不向きだと思います。

向いてらっしゃる方もたくさんいて、管理職になってから実力を発揮される方もいる。部下や後輩の適材適所をきちんと判断できて、トータルで組織をどこに持っていくのか、というような戦略を立てたり、グループの統率力に長けてらっしゃる方はいると思うんですよ。

でも、私に向いているかというとね、胸に手を当ててみた時に、どうもワクワクと胸がときめく選択肢ではなかったんです。

——プレイヤーが下でマネージャーが上というわけではなくて、それぞれの役割として考えていいんですね。気が楽になりました。

小出:と同時に、「ここからは私の人生を自分では決められないんだ」と思ったんです。

いったん中間管理職になってしまうと、報道にあと何年いられるかもわからない。まだ、報道デスクの仕事であれば自分がやってきたこととのつながりがあるし、私の代わりに現場に行ってくれる人がどういう仕事をやっているかもわかるから、それなりにやりがいがあったんですけれど、一番自分の中で葛藤があったのは、この先何年、報道にいられるかわからない。もしかしたら、次の年は事業部に異動かもしれないし、国際局に行っているかもしれない。

「そうか、こうやって自分の人生をここからは決められなくなるんだな」と思ったんです。

そのときに、こうやって、手にスキルがないと自分の人生を自分で決められないんだなっと、ネガティブ思考モードに入っていっちゃったんです。まだ30代そこそこだったんですけれど、何となく60歳くらいになって自分がリタイアする日というのが見えてきちゃった。

会社員として、毎日、毎日この会社に来て、ここのデスクにずっと座って……みたいな自分が見えちゃって、これではいかんなと思って辞めようと思ったんです。辞めようというのが先にありきだったのね。

辞めようと思って、ふと気が付いたら、「ちょっと待てよ。辞めるにあたって、私、何か手にスキルあったっけ?」って。

——マスコミは潰しがきかないとよく言われますもんね。資格職ではないし。

小出:そうなんですよ。自分としては、いろいろやってきたつもりだった、世の中の事象を広く見てきたつもりだったんですけれど、「じゃあ、君のスキルは何?」って言われたときに「えっ?」って。

日本語を話してきました、と言っても日本人なら誰でも話せるし、物事を調べてきました、というのも誰だってできる。

そうか、私はマスコミの外の世界で広く通じるスキルって持ってなかったんだな、と気がついたんです。

——でも小出さんのように歴史的な大事件を次々に取材をして、総理大臣や政治家などすごい人たちに会っているような、端から見たら「バリキャリ」の女性でもそう思うんですね。

小出:それで、私費でビジネススクールに行こうと思ったんです。

大企業を「辞める」ことへの抵抗は?

——フジテレビって大企業じゃないですか。そういう側面から見ても「辞める」ことに対して「もったいない」という気持ちはなかったですか?

小出:自分ではあまり思っていなかったですね。そういえば、子持ちの男性同僚がやってきて、「辞めるのか。うらやましいよ」って言われたんです。「女は気楽でいいね」って。

——それを言われてどう思いました?

小出:「頑張ってね」という意味だったと受け止めました。もっと批判の声が上がるかと思ったんですよ。

ここまでいろいろ勤め上げてきたのに、これからっていうときに「君は責任放棄して辞めるのか」と非難を浴びることを覚悟していたんですが、実際には「君は君の道を行くんだね。頑張ってこいよ」みたいに励ましてくれる方が多くて、うれしかったですね。

——そうなのですね。

小出:最後のニュース現場は36歳のとき、1996年の「ペルー日本大使公邸人質事件」でした。

普通だったらデスクで内勤なのですが、たまたま私がスペイン語科出身ということで「お前行ってこい」と現地に行くことに。12月中旬に事件が発生して、最初はすぐに解決するだろうと思っていたんですが、長丁場となり、あちらで年越しをしてバレンタインデーあたりまでリマの大使公邸前で陣取ることになりました。結局、事件が解決したのは4月下旬でした。

——最後までカオスの中にぶち込まれたんですね。

小出:そうですね(笑)。日本に帰ってきても外信部のデスクとしてこの事件に張り付いていたんですが、実はビジネススクールからはすでに合格が届いていて6月には集中講座が始まることになっていたんです。

でもさすがにこんな大事件の最中に、そのニュースをさばく外信部のデスクが仕事を放り出して退職するわけにはいきません。

授業が始まるまでに事件が収束して本当に留学できるのか、最後まで内心ハラハラでしたね。

※次回は5月28日(月)公開です。

(聞き手:ウートピ編集部・堀池沙知子、写真:宇高尚弘/HEADS)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >