2018/06/13 14:45

あっさり「腎臓をあげる」と言った夫。“本当の気持ち”を知りたい私がついた嘘

腎臓をあげると言われて感じた不安。“本心”が知りたくてついた嘘
腎臓をあげると言われて感じた不安。“本心”が知りたくてついた嘘

中学1年生の時に腎臓病になり、36歳で末期腎不全になってしまった、ライターのもろずみはるかさん。選択肢は人工透析か移植手術という中で、健康な腎臓を「あげるよ」と名乗り出たのは彼女の夫でした。

今回は「気が変わっても夫は本音を言えないのではないか」というもろずみさんの不安についてつづっていただきました。

夫は“ピン”ときているのだろうか

この連載、「夫の腎臓をもらった私」を読んでくださった方から感想が届くようになりました。特に男性は、夫に共感しやすいようで、「僕は妻に『(腎臓を)あげる』と言えるだろうか」そんなことを考えるのだとおっしゃっていました。その中の多くの人はこう続けます。「やっぱり、答えはすぐに出ない」。

それでいうと、うちの夫はあっさり「あげる」と言いました。正直なところ、私は不安でした。

だって命を扱う重い決断です。非日常的な決断とも言えます。

30代のこの夫は、「あげる」ということは、健康な腎臓をひとつ失うことだと“ピン“と来ているのだろうか、と。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャーで感動気分を味わおう。映画ならアクションものを。...もっと見る >