2018/06/22 20:01

30歳は「もう若くない」って言いたいお年頃? “大人の女プレイ”をしていた私へ【岡田育】

聞いちゃ悪いな、と思いつつもつい耳をそばだててしまう「盗み聞き」。偶然耳に入ってきた隣の席の会話から誰かの人生の一片を知ることも……。そんな盗み聞きについてつづった岡田育さんのエッセイ『天国飯と地獄耳』(キノブックス)が6月2日に発売されました。

東京で、鎌倉で、フランスで、そして移住先のニューヨークでごはんを食べながら「イケナイコト」とは知りつつも聞き耳を立てて妄想を膨らませたという岡田さんに3回にわたって話を聞きました。

第3回は、「アラサーだった自分に伝えたいこと」について伺いました。

【第1回】岡田育さんに聞く、“盗み聞き”の醍醐味
【第2回】「年齢でスカート丈が決まる」と思っていた私だけれど…

35歳でアメリカの美大に入った理由

——前回はニューヨークでの暮らしについて聞きました。35歳で美大に入ったということでしたが、グラフィックデザインを学ばれたんですね。それはなぜですか?

岡田:東京にいる間は、毎月、毎週、テレビに出る仕事があったり、東京でしかできない取材の仕事をいただいたりしていました。でも、家庭の事情もあってアメリカへ引っ越すことが決まり、いくつかは中断せざるを得なくなりました。その分の時間を、何か別のことに使えればいいなと思ったんです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >