2019/01/11 20:45

職場のダイバーシティ大事だと思うが「よく知らない」7割【1万人の調査結果】

職場の「ダイバーシティ」大事だと思うが「よく知らない」7割【1万人調査】
職場の「ダイバーシティ」大事だと思うが「よく知らない」7割【1万人調査】

職場でダイバーシティ推進を掲げているけれど、実はよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンが運営する、総合求人・転職支援サービス『エン転職』上で、ユーザーを対象に「ダイバーシティ」についてアンケートが実施されました。回答者(12,189人)のうち、7割が「ダイバーシティの意味を知らない」と答えたことがわかりました。

7割「ダイバーシティの意味を知らない」

調査を行なったエン・ジャパンは「ダイバーシティとは、女性・シニア・外国人・障がい者・LGBTなど多様性を受け入れ、広く人材を活用することで生産性の向上や市場の多様なニーズに対応しようという考え方のことです」と説明します。

まず、「ダイバーシティ」という言葉を知っていましたか?」と聞いたところ、70%が「知らない」(聞いたことはあるが意味はよく知らない:51%、知らない:19%)と回答しました。

「ダイバーシティの考え方について、大事だと思いますか?」という質問には、95%の人が「大事だと思う」と回答しました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >