2019/01/15 21:45

この気分の落ち込みは…? 「憂うつな気分」と「うつ病」の違い【心療内科医が教える】

しばらくしてトラブルの解決策が見えたとき、また冷静に考えられるようになると、自律神経のもうひとつの副交感神経が働いて緊張や不安が徐々におさまります。

副交感神経はリラックスしているときや夜間に働きます。ですから、リラックスできる時間が増えると心拍数や体温、血圧は落ち着いていき、睡眠がとれるようになって食欲もわくでしょう。こうなると気分も明るくなっていきます。

心身のこうした変容は、ヒトの正常な反応です。一方、うつ病とは、脳や精神の働き、状態が異変を起こす病気です」

睡眠、食事、行動の量や意欲が著しく低下していないか

では、憂うつ感が続くとき、うつ病かもと思うのは早計なのでしょうか。判断のポイントについて野崎医師はこう話します。

「まず、自分の心身の状態を見つめてください。憂うつの原因は何なのか、自分で対処しようとしているか、上司や同僚、友人ら周囲の人に相談できるか、休日は友人と話をする、趣味に興じるなどしているかなどを考えましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >