2019/01/26 15:01

「ネガティブも突き詰めると希望に変わる」ひとりが怖い貴女へ伝えたいこと【及川眠子】

Winkの「淋しい熱帯魚」やアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のオープニング曲「残酷な天使のテーゼ」などで知られる作詞家の及川眠子(おいかわ・ねこ)さんによるエッセイ『誰かが私をきらいでも』(KKベストセラーズ)が1月16日に発売されました。

テーマは「人にきらわれること」。まわりの目や「人からどう思われるか?」が気になって、自分らしく生きられない、生きづらさを感じている人に向けてエールを送っています。

「人生は決して楽ばかりではない。だけど言い換えれば、そのしんどさ自体が生きている証拠」とつづる及川さんに3回にわたってお話を伺います。

最終回は「孤独」をテーマにお話を聞きました。

【第1回】及川眠子「嫌われることで悩んでるのってつまんなくない?」
【第2回】恋愛も仕事も“出会い”が欲しい貴女へ

悲しみも突き詰めた先に希望がある

——本で「ひとりで夢中になれる好きなものを見つけられたら、孤独はあなたの力に変わる」と書かれてました。すごく元気をもらったのですが、孤独=悪いことと考える人も多いです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >