2019/01/31 10:01

鼻水が出るのに花粉症や風邪じゃない…! 耳鼻咽喉科専門医に聞く「寒暖差アレルギー」対策7つ

これらの症状は、暖房のきいた室内から気温の低い屋外へ移動したとき、暖かい布団から寒い部屋に出た直後などに現れます。また、寒い場所から暖かいところへ移ったときや、夏に暑い屋外から冷房がきいた涼しい場所に入ったときも同じように起こります」

自律神経のバランスが乱れて鼻水、くしゃみが出る

どれも思いあたります。なぜ、寒暖差でアレルギーや風邪のような症状が現れるのでしょうか。遠山医師はこう説明を続けます。

「気温の変化によって自律神経のバランスが乱れることが原因と考えられています。自律神経には、心身の活動が活発なときに優位に働く『交感神経』と、安静時に働く『副交感神経』があります。この2つのバランスが保たれていると、生理的機能をはじめ、健康の状態は安定的に維持されます。

環境が急に変化した場合、緊張して交感神経が優位になります。そうすると、血管は収縮して心拍数や血圧、体温が上がり、鼻水やくしゃみを抑えます。一方、リラックスしているときは副交感神経が優位になり、血管は拡張して鼻水の分泌を促します。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >