2019/01/31 10:01

鼻水が出るのに花粉症や風邪じゃない…! 耳鼻咽喉科専門医に聞く「寒暖差アレルギー」対策7つ

激しい寒暖差を感じると、この2つの神経のバランスが乱れて、鼻の粘膜の血管の動きがコントロールできなくなり、鼻水やくしゃみが出るようになります。

自律神経は、気温の差が5~6度までだと適応できると言われますが、それを超えると負荷が大きくなって寒暖差アレルギーの症状が現れるというわけです」

寒暖差アレルギーは女性に多い

ちょっとした外出時でもくしゃみや鼻水がひどいことがありますが、症状は続くのでしょうか。遠山医師はこう伝えます。

「寒暖差が激しい場所に出て、1・2時間してその気温に心身が順応すると症状が治まることがあります。一方、悪化すると長引き、倦怠感や眠気、不眠、食欲不振、イライラ、憂うつ感などを伴う場合もあるので、順応しているかどうかを見つめましょう。

寒暖差アレルギーは、とくに、花粉症やダニなどにアレルギーがある人に多い傾向にあります。また、女性は男性より症状が大きく現れやすいことが知られています。当クリニックの患者さんでも、8割が女性です」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >