2019/02/04 10:01

鼻水、鼻づまりが治らない! 市販の点鼻薬の過剰使用が原因かも【耳鼻咽喉科専門医に聞く】

鼻水やくしゃみが出る、鼻がつまるのは、これらの異物が体に入るのを防ぎ、追い出すための防御反応なのです。そのため、鼻炎ケアをうたう市販の点鼻薬をやみくもに使うと、思いがけず症状が悪化したり長引いたりすることがあります。そのことをまず、覚えておいてください。」

市販の点鼻薬を使い続けると症状が悪化することも

あのうっとうしい鼻の諸症状は、体を守るための反応だということです。苦しいので、市販の点鼻薬に頼る人は多いと思いますが、遠山医師はこれについて次のように解説をします。

「点鼻薬とは、鼻の中にシュッとスプレー式のノズルで薬の液を入れるタイプです。アレルギー性鼻炎の症状を改善するとして、薬局やドラッグストアで販売されているものには、主に、血管を収縮させて鼻づまりを抑える成分、抗アレルギー成分、ステロイドによって鼻粘膜の炎症とアレルギー反応を抑えるタイプがあります

鼻づまりは、鼻の粘膜が充血して腫れるために起こります。点鼻薬を鼻に入れると交感神経が刺激されて鼻の粘膜の血管が収縮し、充血が改善するので鼻づまりや鼻水を一時的に抑えるという仕組みです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >