2019/02/20 21:01

いつの間にか「物分かりがいい女」になってない?『82年生まれ、キム・ジヨン』が描いたもの

「そうだ、私もしんどかったんだ」―。ページをめくるたびに、「女性」として生きてきたがゆえに降りかかる世の中の理不尽や困難。そんな記憶を掘り起こす韓国文学が注目を集めています。

2016年に韓国で発売されるとたちまち100万部突破の大ベストセラーに。日本でも昨年12月に発売されると、完売する書店が続出。これまでに7刷を重ね、8万部*を売り上げた『82年生まれ、キム・ジヨン』(チョ・ナムジュ著、斎藤真理子訳、筑摩書房)。*2019年2月18日現在。

韓国の1982年生まれで最も多い「キム・ジヨン」という名前の女性の誕生から学生時代、受験、就職、結婚、育児までの半生を克明に回顧していき、女性の人生に当たり前のようにひそむ困難や差別が淡々と描かれています。その内容は、日本の女性にとってもわが事のように感じられるものばかり。

本作の翻訳を手がけた斎藤真理子さんと、書評家の倉本さおりさんのトークイベントが1月18日、東京・下北沢の「本屋 B&B」で開催されました。イベントの一部内容にインタビューの内容を加え、3回にわたってお届けします。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >