来月公開の映画、K・スペイシー出演場面を削除し代役で撮り直し

11月8日、12月公開予定の映画『All the Money in the World(原題)』の監督とプロデューサーは、セクハラ疑惑の渦中にある米俳優ケヴィン・スペイシー(写真)の出演場面を削除し、代役俳優で撮影し直すことを決めた。写真は6月撮影 (2017年 ロイター/Eduardo Munoz Alvarez)
11月8日、12月公開予定の映画『All the Money in the World(原題)』の監督とプロデューサーは、セクハラ疑惑の渦中にある米俳優ケヴィン・スペイシー(写真)の出演場面を削除し、代役俳優で撮影し直すことを決めた。写真は6月撮影 (2017年 ロイター/Eduardo Munoz Alvarez)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >