スパイク・リー監督、アカデミー作品賞逃し「不運」と嘆く【第91回アカデミー賞】

2月25日、第91回米アカデミー賞で24日、スパイク・リー監督の『ブラック・クランズマン』(日本公開3月22日公開)が脚色賞を受賞した。リー監督にとっては初のオスカー受賞となったが、作品賞は同じく人種差別を扱った『グリーンブック』に軍配が上がり、残念がる様子を見せた (2019年 ロイター/Mario Anzuoni)
2月25日、第91回米アカデミー賞で24日、スパイク・リー監督の『ブラック・クランズマン』(日本公開3月22日公開)が脚色賞を受賞した。リー監督にとっては初のオスカー受賞となったが、作品賞は同じく人種差別を扱った『グリーンブック』に軍配が上がり、残念がる様子を見せた (2019年 ロイター/Mario Anzuoni)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >