2017/08/22 21:08

花火大会目前! センスが光る大人の浴衣と帯の色合わせ|スタイリストのファッション恋愛術 ♯42

夏といえば、花火大会。こうした季節イベントは大人になるとずいぶんおざなりになってしまいがち。ですが、できることならその時々の “旬” を感じながら過ごしていきたいですよね。 それならまずは、形から。女性の気持ちが一気に夏気分になれる浴衣を今年はぜひ楽しみましょう! 今回はアラサー女性におすすめするセンスが光る浴衣と帯のカラーコーディネートをご紹介します。

【スタイリストのファッション恋愛術】vol. 42

■ 涼を感じさせる 【浅葱 × 梔子】

大人の女性がしとやかさや上質な品性を表現するならば、青み系の浴衣を選ぶのが良いでしょう。涼感のある薄水の浅葱色(あさぎいろ)や、深い青みがかった紺碧色、緑みの入った孔雀青など、繊細な青系統におすすめの帯の色は黄色系。帯は薄い黄色だとより大人っぽく、山吹色や梔子(くちなし)色のようなハッキリした色合いだとポップな印象になります。

■ モダンな印象になる 【鼠 × 朱】

シックな女性を演出したい時は、浴衣の色をモノトーンで控えめに表現すると良いでしょう。黒だとコントラストが強過ぎるのでオススメは鼠色もしくは薄墨色のような灰色系。白地ベースに鼠の総柄プリントが施されているものもモダンシックで大人の女性に似合います。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >