2018/01/19 17:30

迷ったらネイビー…!? おばさん顔にならない「アラフォー女性の服の色」|デキるOLマナー&コーデ術 ♯66

迷ったらネイビー…!? おばさん顔にならない「アラフォー女性の服の色」|デキるOLマナー&コーデ術 ♯66
年齢とともに変化する肌の質感や色み。20代になりたての頃に比べて素肌に衰えがあるのは仕方のないこととしても、あからさまに老けてみられるのは避けたいところです。そこで今回は、アラフォー女性に対応する、老けを感じさせないカラーコーディネートをご紹介します。

■ ブラウン・ベージュを味方に

【デキるOLマナー&コーデ術】vol. 66

茶色の服って若い頃だと一気に老けた雰囲気になって、相性悪いと感じたことはありませんか? その記憶が強くて30代後半でもブラウンやベージュアイテムは苦手……という方も実は少なくないようです。しかし年齢を重ねると肌はくすみが出てきて服が異様に派手な色であったり、明るすぎると肌と服にギャップが生まれ “若作り感” が生まれます。何でも明るく華やかにすれば良いということではなく、現在の肌トーンに合った色を意識的に選ぶことが大切。

普段、使用しているファンデーションがオークル系の方はイエローベースの可能性が高いので、ブラウンやベージュ系との相性も良いです。キャメルブラウンや、ライトベージュだとトーンも明るく肌なじみみが良いのでオススメ。ファンデーションがピンク系のブルーベースの方は反対にトープカラーと言われるグレーとブラウンが混じった色合いがオススメ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >