2018/11/18 19:30

ブツブツ毛玉はみっともない…解決! ニットの簡単お手入れ方法3つ | デキるOLマナー&コーデ術 ♯134

ブツブツ毛玉はみっともない…解決! ニットの簡単お手入れ方法3つ | デキるOLマナー&コーデ術 ♯134
冬服のお悩み三大要素の1つ、「ニットの毛玉」は本当に切実な悩みです。昨年はなかったのに、今年から毛玉が増えた……など、いつしか急に裾や袖まわり毛玉ができるんですよね。これから春先まで活躍してもらうニットを大事に扱うためにも、覚えておいてほしいニットのお手入れ方法をご紹介します。
■ 毛玉ができる原因って何?

【デキるOLマナー&コーデ術】vol. 134

毛玉は繊維と繊維の摩擦によって生じる静電気で糸が絡み合ってできていくもの。外気のホコリや、私たちが動くことで生じる服と肌の擦れによっても生まれてきます。最近では、この毛玉が発生するのを極力抑える製法のニットが開発されてはいますが、まだまだ浸透していませんので、できるだけ私たちの手で丁寧にお手入れし、静電気が起こらないように気をくばらなくてはなりません。

また、「高いニットは毛玉ができにくい」と、言われていますが、絶対にそうだと言い切れるものではありません。上質な素材を使用した高いニットでも素材の組み合わせや製法によって毛玉はできやすいので、商品の値段に関係なく、あなたが大切にしたいと思うニットをお手入れする気持ちがもっとも大切。

■ ニットはたたむより、ハンガーで吊るす

毛玉が生まれる原因は、他の衣服や肌の摩擦によって生まれる静電気が原因とお伝えしました。なので収納方法も「たたむ」より「吊るす」のがベストです。たたんでしまうことで他の服との摩擦が生じたり、つい服を無理にしまいこんでしまったりするので毛玉ができやすいのですね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >