2019/06/02 18:00

夏到来! 「浴衣」の魅力を再発見できる展覧会って?

夏到来! 「浴衣」の魅力を再発見できる展覧会って?
まずはお気に入りの浴衣に袖を通すことから本展を楽しんでみて。

■ 紺木綿地団扇模様浴衣

大正~昭和時代 20世紀前半 東京都江戸東京博物館
おおらかで大胆な模様は、江戸時代に町の女性が着用しはじめたもの。

■ 白麻地石橋模様浴衣

江戸時代 18世紀後半 東京都江戸東京博物館
能の演目「石橋」にちなみ中国の獅子と牡丹が大胆に描かれた図案。

■ 白麻地槍梅若松模様浴衣

江戸時代 18世紀後半 東京国立博物館 
後期には、現存するものが少ない貴重な染織の作品を展示。画像提供:東京国立博物館 Image:TNM Image Archives

■ 三代歌川豊国(国貞)「四条河原夕涼之図」

江戸時代 嘉永2年(1849) 錦絵 大判三枚続 個人蔵
歌舞伎役者が浴衣で涼む風景を描いた一枚。町衆の浴衣絵なども数多く現存。

『特別展 ゆかた 浴衣 YUKATA すずしさのデザイン、いまむかし』 泉屋博古館分館 東京都港区六本木1‐5‐1 前期:開催中~6月16日(日) 後期:6月18日(火)~7月7日(日)10:00~17:00(入館は16:30まで) 月曜休 一般1000円ほか ※きものでご来館の方100円割引(他割引との併用不可) TEL:03・5777・8600(ハローダイヤル)

※『anan』2019年6月5日号より。文・山田貴美子

(by anan編集部)


【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >