2019/03/27 20:30

外出するときに気をつけて!花粉から身を守る5ヵ条

乾燥する冬、高温多湿な夏……四季がある日本では、季節ごとに肌環境が激しく変化します。中でも春は、さまざまな環境ストレスが襲ってくる、肌にとっては最も過酷なシーズン! 今回は、鼻水や目のかゆみだけでなく肌荒れも招く「花粉」をピックアップ。花粉に負けないためには、やはり外出時の対策が重要です!

 

■花粉から身を守る外出時の対策

・ヘアはまとめ髪に
髪は、静電気がたまりやすく花粉が付着しやすい場所。ロングヘアの人は、外出時にはなるべくコンパクトにまとめましょう。

・アイメイクはシンプルに
かゆくて目をこすったとき、化粧品が目に入るとさらにかゆみが増してしまいます。アイメイクはなるべく軽めにしておくのがベター。

・小鼻まわりはバームで保湿
ヒリヒリしているなら、バームで膜をつくり皮膚を保護して。ただし湿疹が起きている場合は、早めに皮膚科で薬をもらいましょう。

・ツルンとした素材の洋服を
ポリエステルやレザーなどのツルツルした素材は、花粉が付着しにくいので◎。逆にファ ーやウールは花粉が付きやすいのでNG!
・帰宅したらブラシで花粉を落として

家に帰ったらまず、玄関先で服にブラシをかけて花粉を払いましょう。たったこれだけで、室内に持ち込む花粉の量がグーンと減ります!

トレンチコート¥24,000、スカート¥16,000/ともにアプワイザー・リッシェ ブラウス¥1 4,000/ジャスグリッティー イヤリング¥1,900/アネモネ(サンポークリエイト) バッグ¥1 3,500、パンプス¥15,500/ともにダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

■花粉から身を守るアイテム

・頭皮と髪をディープクレンジングするヘアマスク

吸着性に優れた竹炭が、花粉も汚れもしっかりオフ。

ダヴィネス サークルクロニクルズ ピュアネス サークル 50ml ¥ 1,000/コンフォートジャパン

・キレイでいたい女性を花粉・PM2.5の付着から守ります!

4種類の保湿成分配合。メイクの上からも使えます。

アレルブロック 花粉ガードスプレー モイストヴェール75ml オープン価格/アース製薬

■銀座ケイスキンクリニック廣田朋子先生が解説!

『銀座ケイスキンクリニック』院長。その的確なアドバイスで多くの女性の美をサポート。『光老化啓発プロジ ェクト委員会』の一員として光対策の必要性を説く活動も。

 

本誌4月号「環境ストレスをはね除ける お天気美容Spring」では、ほかにも春~初夏の環境ストレス別の正しい対策&おすすめアイテムをご紹介してます。ぜひチェックしてください!

撮影/小川健(will creative)[人物]、志田裕也[静物] スタイリスト/弓桁いずみ ヘアメイク/毛利仁美(Tierra)モデル/南里美希 取材・文/徳永幸子



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >