2017/06/30 12:00

スイスを愛した喜劇王といえば? メモリアルミュージアムがオープン!

チャップリンが晩年を過ごした
コルシエ村にミュージアムが!

 ロンドン出身の喜劇王チャーリー・チャップリンは、数々の素晴らしい作品を生み出した後、レマン湖畔のコルシエ村で晩年の25年間を過ごしました。そして、没後約40年の2016年4月に、構想から15年の歳月を経てついに「チャップリンズ・ワールド」がオープン! 彼が家族と過ごした邸宅「マノワール・ド・バン(The Manoir de Ban)」と「庭(The Park)」、「スタジオ(The Studio)」からなる、楽しいメモリアルミュージアムです。


チャップリンズ・ワールドのエントランス。ここでチケットを購入。

 入館すると、まず案内されるのがミニシアター。ここでチャップリンの紹介と彼が手掛けた数々の名作のハイライトが映し出され、一気にチャップリンの世界に引き込まれます。


まずはミニシアターで、銀幕のなかのチャップリンを楽しみます。

 上映が終わり、スクリーンが上がると、その先は映画のセットの中。あっと驚きの演出です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >