2017/08/04 12:00

観光専門学校の実習施設を兼ねる マカオの公営ホテルのコスパが抜群!

 年間3000万人以上が訪れるアジア有数の観光都市、マカオ。市内には100軒を超えるホテルがあり、豊富な選択肢のなかから予算や旅の目的に合わせて柔軟なチョイスが可能です。

 昨今、大型IR(統合型リゾート)に併設のゴージャスホテルが次々オープンして話題となっていますが、今回は華やかさには欠けるものの、コスパの良さが光る、マカオで唯一のホテルマンの教育実習施設を兼ねた公営ホテル「ポウサダ・デ・モンハ(望廈迎賓館)」をご紹介したいと思います。

どんな宿泊施設?


かつて兵舎だったポウサダ・デ・モンハの建物。(C)IFT

 ポウサダ・デ・モンハは、観光業のプロフェッショナル人材を育成する公立の専門高等教育機関「旅遊学院(IFT)」のホテル学科に付属する施設です。

 将来、ホテルやホスピタリティ業界の第一線で活躍することを目指す学生たちが、こちらの施設を舞台にホテル運営の現場について学んでいます。もちろん、しっかり料金をチャージして宿泊させている以上、ゲストに迷惑がかかるような中途半端な運営ではなく、学生らは事前に基礎訓練を受けた上で実習に臨み、教員らが学生たちの様子をチェックし、必要に応じてサポートを提供しています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >