2017/07/30 12:00

ポンペイといってもイタリアにあらず 「太平洋の花畑」と呼ばれる楽園へ

#129 Pohnpei
ポンペイ(ミクロネシア)

浦島太郎の伝説も残る謎の遺跡


ポンペイで極上の白砂ビーチを求めようと思うなら、ボートを駆って、アンツ環礁へ。

 “ポンペイ”と聞くと、イタリアの古代都市を思い浮かべるかもしれません。こちらはグアムの東南東約1700キロ、ミクロネシアの島。地元の言葉で“石積み”という意味から名付けられました。イタリアからは遥かに離れていますが、この島にもかつて海に浮かぶ都市があった、という点では、不思議なつながりがあるかもしれません。


マシーンでカットされたような玄武岩を組み合わせたナンマドールの遺跡。

 ポンペイ島の南東沖のチャムエン島にあるナンマドールの遺跡は2016年、世界遺産(同時に危機遺産にも)に登録された、謎多き遺跡です。

 80万平方メートルにわたって、六角柱や八角柱の玄武岩をびっしりと並べた面を、縦横交互に積み重ねた92の人工島が、浅瀬に点在しています。これはポンペイ島を支配していたサウテロール王朝時代の水城で、それぞれの島ごとに、儀式の島、王の住居、貯蔵の島、埋葬の島と、役割が分かれていたそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >