2018/03/04 12:00

イスラエルの港湾要塞都市の地下には 十字軍時代の街並みが眠っている

Magnificent View #1375
アッコ(イスラエル)


(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 イスラエル北部にあるアッコは、地中海に面した美しい港湾都市。紀元前16世紀には最初のを繁栄期を迎えた、長い歴史を持つ古都でもある。

 ここは昔から貿易港として好立地にあったことから、常に時の権力に翻弄され続けた。紀元前にはエジプト、古代はローマ帝国、中世は十字軍やイスラム王朝、近世はオスマン帝国、そして近代にはイギリス……と、次々と巨大な勢力の支配下に。1799年には、失敗に終わってはいるものの、ナポレオンも略奪を試みている。

 そんな激動の歴史を歩んだとは思えないほど、現在の街並みはいたって穏やか。18世紀から19世紀にかけてオスマン帝国の占領下で整備された旧市街は、世界遺産に登録されながらも観光地化されることなく、昔のままの姿を見せている。

 1950年代には、旧市街の地下に、12世紀に築かれた十字軍の大規模な遺構が現存していることが判明。要塞や礼拝堂、脱出用のトンネル、商店街など、当時の街がそっくり残されていたことから話題となった。

文=芹澤和美

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >