2018/05/09 12:00

レバノンの国旗に描かれる杉の木が 同国内で唯一群生する貴重な絶景

Magnificent View #1394
カディーシャ渓谷(レバノン)


(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 中東のレバノンきっての絶景が見られる場所と言われているのが、中央部のレバノン山脈にあるカディーシャ渓谷。標高3087メートルの山域にレバノン杉が群生し、一帯は世界遺産に登録されている。

 かつて、レバノン杉は山脈全体を埋め尽くしていた。古代ローマ時代、この地に暮らしていたフェニキア人は、レバノン杉を使って船を造り、航海に出たことで繁栄したという。

 国旗にも描かれているレバノン杉は、この国のシンボルでもある。だが、長い年月に渡り伐採を続けた結果、現在は国全体で約1200本までに激減。カディーシャ渓谷には、そのうちの約400本が生息している。この風景は美しいというだけでなく、貴重でもあるのだ。

 天候がよければご覧のような絶景が見られるが、曇りの日もなかなかのもの。雲や霧が谷にかかると、神秘的な雰囲気となる。

文=芹澤和美

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >