2018/06/17 15:00

おいしい&小ぶりで何個でも食べられる! 無添加生地にこだわる高槻のパン屋さん

 JR京都線の摂津富田駅、阪急京都線の富田駅から東へ歩くこと約10分。「麦のかほり」は、閑静な住宅街にある小さなパン屋さんです。


シンプルで温かみのある外観。

 木のドアを開けると、平台には小ぶりなパンが少しずつ、ずらりと25種類から30種類。奥の厨房から焼きたてのパンが次々に並べられます。


焼きたてのパンが少量ずつ並ぶ。

 正面には、2種類のフランスパン、バゲットとバタール。こんがり焼き込まれていて、とてもおいしそう。ツヤツヤしたあんぱんやクリームパン、クロワッサン、デニッシュやソーセージパンもあって、色々食べてみたくなる。すべて、ご主人・山尾健人さんがひとりで作っています。


正面の目立つ場所にはバゲットとバタールが。

 山尾さんは、1987年生まれ、地元・高槻市の出身。中学生の時に漫画『焼きたて!!ジャぱん』を読んでパンに興味を持ったと言います。

 パン職人になりたいと製パン学校で学んだ後、国内産の小麦を使い、安心・安全のため添加物不使用で知られる高槻市の「パラダイス&ランチ」で5年、そこから独立した加川慎二シェフの大阪市北区中崎にある「ブーランジェ エス・カガワ」で5年働いて独立。

 念願だった地元で自店をオープンしたのが、2018年2月3日。住宅街で、朝7時から開いている素敵なパン屋さんです。

「パンを作るのが大好き」と、朝4時前からずっと休まずにパンを焼き続ける山尾さん。生地はすべて無添加。「パン生地をおいしいと感じてもらいたい」とシンプルな配合で、イーストによる発酵を見極めたパン作りに力を注いでいます。「天然酵母でなくても、おいしいパンができるんですよ」とにっこり。


パンを作る山尾健人さん。

さまざまな種類のパン大集合。

菓子パンからハード系まで
豊富な品揃え

 一番人気は湯種食パン。耳はサクッとして、中はふんわり、もっちり。口溶けも良く、毎日食べても飽きません。分厚い4枚切りのトーストで食べるのがおすすめだそう。同じ生地にクルミやレーズンを加えた可愛いパンは、ひと口サイズでとても食べやすい。


人気の「湯種食パン」1本 540円、「くるみ食パン」300円、「レーズン食パン」1本 660円。

 砂糖を振りかけて焼いた「もちもちパン」も、食パン生地。シンプルな甘さとむっちりした独特の食感で、ファンが多い一品です。


焼く前の「もちもちパン」。

「もちもちパン」の焼き上がり。

 手作りのカスタードクリームをたっぷり包んだ「クリームパン」は、表面がふっくら、つるんとしていて、見た目からしておいしそう。なめらかなクリームの優しい風味にほっこりします。

 黒ゴマをトッピングした「あんぱん」も表面がツヤツヤ。粒餡の程よい甘さと小豆の風味は、北海道産小豆や丹波産寒天など、国内産の材料を使っているから。もう1個食べたくなる、上品な味わいです。

「メロンパン」は、さっくり、軽やかな食感。上のクッキー生地に紅茶を加えた「紅茶のメロンパン」は、食べると紅茶の香りが口の中に広がります。「紅茶が好き。ミルクティーと食べてみてほしい」と山尾さん。「菓子パンの生地には生クリームを加えてコクをプラス。惣菜系の生地は甘さを控えて」と、生地のこだわりを語ってくれました。


菓子パン色々。左上から時計まわりに「紅茶のメロンパン」150円、「あんぱん」130円、「クリームパン」150円、「メロンパン」140円。

「ハード系もクロワッサンも食べてみてほしいから、手間がかかっても必ず作ります。好きなベーグルも日替りで1種類だけですが、必ず!」。山尾さんは、特にハード系パンが大好きなのだとか。

 パリッとした食感の「バゲット」も、それより太くて短く、中がふんわりした「バタール」も、材料は、小麦粉、水、塩、イーストだけ。シンプルゆえ、材料そのものも作り方も、ごまかしがききません。キリッとしたクープと焼き色の美しさは、職人の優れた技術の証です。

「強力粉に石臼挽き粉を混ぜ、しっかりと焼き上げています」と山尾さん。食べると粉の風味が際立ちます。

 同じ生地を使った「ベーコンエピ」や「チーズフランス」「パン・オ・フィグ」は、どれも、むっちりした食感が特徴。「パン・オ・フィグ」は、ラム酒漬けのイチジクを包み込んでいて、ワインと好相性です。


フランスパン生地のパン色々。左から「チーズフランス」150円、「ベーコンエピ」150円、「バタール」250円、「パン・オ・フィグ」150円。

「セーグル・フリュイ」も、ワインにぴったり。ラム酒に漬けたカリフォルニア、サルタナ、カレンズの3種類のレーズン、イチジクと、オレンジピール、クルミが、ライ麦入りの生地に練り込まれています。フルーティで食べやすく、一度で虜になるおいしさ。大小あるのも魅力です。


セーグル生地のパン「セーグル・フリュイ」大 300円、小 160円。

 ベーグルは日替りで色々な種類が登場。取材日は「黒ごまベーグル」で、ゴマの香ばしい風味とむっちりした食感が楽しめました。

 黒とグリーンのオリーブをあしらった「オリーブのフォカッチャ」は、オリーブ油を入れたふんわり、優しい生地。食べやすい小さめサイズで買いやすい値段がうれしい。


上から「黒ごまベーグル」130円、「オリーブのフォカッチャ」120円。

 パリッ、サクッとした軽やかな食感の「クロワッサン」と同じ生地で作っているのが「ジャーマン」とデニッシュ類。

 コショウをきかせた自家製のポテトサラダを詰めた「ジャーマン」も、「ベリーのデニッシュ」も、生地がサクサクの歯触り。「ジャーマン」はビールに合わせて、「ベリーのデニッシュ」はアイスティーと一緒に味わいたい。


クロワッサン生地のパン色々。上から「ジャーマン」160円、「クロワッサン」140円、「ベリーのデニッシュ」160円。

「いろんな種類を食べてほしい」と、ていねいに作られたこぶりで可愛いパン。「今日、食べるパンを買いに来てほしい」。食欲をそそる麦の香りのおやつです。

※金額は全て税抜き

麦のかほり

所在地 大阪府高槻市東五百住町3-6-26
電話番号 072-693-2503


宗田洋子(そおだ よおこ)

ライター。神戸生まれの神戸育ち。神戸を離れたことがない神戸っ子。ライター歴30年以上で、関西の雑誌の取材だけでなく全国誌でも関西取材を手がけ、老舗から新店まで回ったお店は数知れず。移り変わる街を見続けてきた。食いしん坊で飲んべえ。

文・撮影=そおだよおこ

今日の運勢

おひつじ座

全体運

臆病になってチャンスを逃すかも。先々のことを決めて行動する...もっと見る >