2018/07/01 15:00

たくさん食べても頭がキーンとしない 「天然氷のかき氷」を軽井沢で堪能

ふわふわとした食感が最後まで持続

「ホテルグリーンプラザ軽井沢」の敷地内にある「軽井沢レイクサイドショップ」で、天然氷を使ったかき氷の販売が2018年も始まった。


百貨店のイベントに登場すると、行列必至、売り切れ続出の天然氷のかき氷。

 栃木県日光市にある天然氷の蔵元「四代目徳次郎」の硬い天然氷を専用のマシーンで削るように作ったかき氷は、溶けにくく、ふわふわとした独特の食感。一度にたくさん食べても、頭がキーンとしないと評判だ。


四代目徳次郎を継承した山本雄一郎氏。

「四代目徳次郎」は、現在、日本に5カ所しかない天然氷の蔵元の一つ。伝統的製法にこだわり、日光市で明治時代から4代にわたって引き継がれてきた。自然の流れに逆らわず、ゆっくりと凍らせることで出来上がった氷は硬く、透明度が高いのが特徴だ。


天然氷の採氷池。天然氷やそれを保存する氷室は、古くから伝わる日本の伝統文化だ。最小限の電力や動力しか使用しないことから、「究極のエコ商品」とも言われている。

天然氷の引き上げ風景。日光の天然氷は日光ブランド<食分野>に認定されている。日光の大自然に育まれた名水と寒さを活かし、手間暇かけて作られた自然の恵みの賜。

とちおとめを使ったいちごソースに、マンゴー、オリジナルの梅ソース、そして定番の抹茶あずき。料金は800~1,000円。練乳かけトッピングは150円追加。

 冷凍庫で凍らせた氷とは違い、天然氷のかき氷はふわふわの食感が最後まで長続きする。まさに“究極のかき氷”だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >