2018/07/19 15:00

摩天楼の街を貫くシカゴ川の流れが 大工事によって逆になった理由は?

Magnificent View #1413
シカゴ川(アメリカ)


(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 全米第3位の人口を誇る大都市、シカゴ。摩天楼の間を悠々と流れるのはシカゴ川だ。

 ミシガン湖を源流とする川の全長は251キロ。途中、北と南の支流に分かれ、南の支流は合流を繰り返しミシシッピ川を経由、最後はメキシコ湾に流れ出る。

 この川はもともと、ミシガン湖へと注いでいた。つまり、現在と真逆。街の発展とともに生活排水が浄水源である湖に流れ込むようになり、水を汚染。公衆衛生の悪化が大問題になった。

 そこで、川を完全に逆流させる大工事を1900年に実施。これは「シカゴ川還流」として、19世紀の土木工学の偉業とも言われている。その後、積極的な美化運動が行なわれ、川は現在の美しい姿となった。

 シカゴ川がもっともにぎわうのは、3月17日の聖パトリックデーだ。アメリカではこの日、緑色の物を身につけて祝う習慣があり、川も染料で染められ、鮮やかなグリーン一色になる。

文=芹澤和美

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >