2018/07/29 12:00

99階のバーでグラスを傾けてみたい 広州再開発地区のランドマーク

Magnificent View #1417
広州国際金融センター(中国)


(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 近代的な超高層ビルが林立する、広州の再開発地区、珠江新城。そのなかでランドマークとなっているのが、この建物。地上103階、尖塔までの高さは約440メートルにもなる。

 デザインのコンセプトは「透明な水晶」。ガラス製のカーテンウォールで覆われた筒形の建物は、イギリスの建築設計事務所が設計した。そのすらりとした外観は、左手に見える、故ザハ・ハディドがデザインした広州大劇院とともに、存在感を放っている。

 このビルにはホテルも入る。99階に位置するバーと100階のレストランは、珠江を眺める絶景ポイントとしても有名だ。

 建物の別名は「広州西塔」。2017年には、大通りの反対側に、高さ530メートルの「CTF金融センター」が完成。「広州東塔」として、広州国際金融センターと対でツインタワーを構成している。

文=芹澤和美

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >