2018/08/15 20:00

世界最北の首都レイキャヴィークで 世界一美味しいホットドッグを堪能?

 火山と氷河の国アイスランドの自然は、これまでの価値観をがらりと塗り替えるほどドラスティック。クジラが暮らす北極海に、茫漠とした大地に迫力の瀑布、目にする全部が冒険だ。

 フィンランドでストップオーバーすれば、洗練のデザインに彩られた街歩きも楽しめる。

 人智を超えた大自然と、人の感性が生むデザイン、いわば両極の醍醐味を一度の旅で!


コンパクトな街だから散歩が楽しい!


ハットルグリムス教会から坂を下って港へ。このストリートには感度の高いショップが多い。

 世界最北の首都、アイスランドのレイキャヴィーク。丘の上のハットルグリムス教会が見守る中心部は、徒歩で回れるコンパクトなサイズ。

 個性的なショップが並ぶメインストリートや再開発が進む漁港周辺など、おしゃれなスポットを効率よく回ることができる。ホットドッグスタンドの名店へ立ち寄ることも、お忘れなく!


アイスランド生まれのブランド、STEINI DESIGN。先物買い的にお気に入りを見つけたい。

 2017年に日本に最も近いヨーロッパ、フィンランドのヘルシンキからのフライトが就航し、行きやすくなったアイスランドの玄関口レイキャヴィーク。


プレジャーボートやホエール・ウォッチング船、大型漁船などが港を占めるレイキャヴィーク港。

 独立国の首都としては世界最北に位置し、人口は約12万人。この国の約3分の1の人々がここに暮らしている。街の名前の意味は“煙たなびく入江”。874年にバイキングが初めて移住した際、近隣の温泉の湯けむりを火煙と勘違いして名づけられたとの説がある。


丘の上のハットルグリムス教会はアイスランドで最も高い建物。

 丘の上に立つハットルグリムス教会はこの街のアイコン。1937年に設計がスタートし、1986年の完成までに50年近くもかかったという。

 高さ74.5メートル。エレベーターで上る展望台からは、黄色や赤、グリーンやブルーのカラフルな屋根の街並みが一望できる。

 ちなみに教会前に立つのは、ヨーロッパからアメリカ大陸へ初めて渡ったとされるアイスランド生まれの探検家レイフ・エリクソンの像だ。

クリントン元米大統領も訪れた名店


スコウラフェルズスティグル通りには思わず扉を開けたくなるカフェやショップが多数。

さすが極寒の地。もふもふの帽子が厳冬の強い味方。

 ハットルグリムス教会前から延びるくだり坂のスコウラフェルズスティグル通りからバンカー通りを抜けて、レイキャヴィーク漁港へ。


アイスランドの風景を切り取った写真を展示するギャラリー。

ビーズ細工の人形も、アイスランドの自然の中で目にする動物がモチーフ。

 この通りには感度の高いギャラリーやブティック、書店などが軒を連ね、気になる店をチェックしながらの、ぶらぶら歩きが楽しい。


行列しても食べたい! 元米国大統領クリントンさんも並んだ?

 春先に訪れたところ、まだ冬に片足を突っ込んだ感じで、寒さも厳しく、人通りもまばら。それでも一カ所、行列ができているフードスタンドがあった。


美味しそうに頬張る、街いちばんのホットドッグ!

「バイヤリンス・ベストゥ・ピルスル」。街でいちばんのホットドッグ屋さんで、元大統領のクリントンさんも並んだとのウワサも。

アイスランドバターの美味しいこと!


レイキャヴィーク港の再開発エリア。古い建物を生かしたおしゃれなレストランやギャラリーが。

 港まで坂道を下りきると、そこは10年ほど前からプロジェクトが進む再開発エリア。かつての冷凍倉庫や加工場などの建物を生かした、ギャラリーやレストラン、みやげもの店などが集まっている。


レストラン「コパー」内のカウンター席。窓からレイキャヴィーク港を望む。

 その一角にあるのがレストラン「コパー」。かつては網などの漁具を収納していた倉庫を改築したもので、大きな窓からはホエール・ウォッチング船や倉庫街が見える。


魚介は“キャッチ・オブ・ザ・デイ”。どれも新鮮、絶品!

 ピスタチオのペーストをのせたコッド(タラ)や豆類の上に重ねた薄切りのビーツなどのアイスランド料理に舌鼓。ここで食べた海藻ソルト入りのアイスランドバターが美味しいこと!

 パンにバターをたっぷり塗ってパクリ、パクリとたいらげ、その食べっぷりを見たお店の人が「お土産にどうぞ」とパックに入れてわけてくれたほど。あぁ、また食べたい!

Kopar(コパー)

所在地 Geirsgata3, 101 Reykjavík
電話番号 0567-2700
http://www.koparrestaurant.is/en/home-2/


アイスランドで展開しているフォスホテル。シンプルな空間が居心地いい。

 おすすめステイ先は「フォスホテル・レイキャヴィーク」。

 ビジネス街に位置し、メインのショッピングエリアやハットルグリムス教会までも徒歩圏内。16階建て320室を数えるアイスランド最大級のホテル。

 ほとんどの部屋から愛らしい街並みや港のビューが楽しめ、最上階は7室のスイートのみのゆったりとした間取り。


外観はポップ。アイスランドのドラフトビールを揃えた「ザ・ビア・ガーデン」だけでも訪れる価値あり。

「ホースト・レストラン」はアイスランドの郷土料理を供し、ビール好きが集まるその名も「ザ・ビア・ガーデン」では22種のアイスランド産ドラフトビールが楽しめる。

Fosshotel Reykjavík
(フォスホテル・レイキャヴィーク)

所在地 Porunnartún 1, 105 Reykjavík
電話番号 0531-9000
https://www.islandshotel.is/hotels-in-iceland/fosshotel-reykjavik

【取材協力】
フィンエアー

http://www.finnair.co.jp/

インスパイアド・バイ・アイスランド

https://www.inspiredbyiceland.com/


古関千恵子 (こせき ちえこ)

リゾートやダイビング、エコなど海にまつわる出来事にフォーカスしたビーチライター。“仕事でビーチへ、締め切り明けもビーチへ”をループすること1/4世紀あまり。世界各国のビーチを紹介する「世界のビーチガイド」で、日々ニュースを発信中。
「世界のビーチガイド」 http://www.world-beach-guide.com/

文・撮影=古関千恵子

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >