2018/09/14 07:00

書と絵画の境界線を超えた前衛書家 井上有一の個展がフランスで開催

戦後を代表する前衛書家の足跡とは?


パリ日本文化会館に掲げられる「ジャポニスム2018」と井上有一展のポスター。

 紙と墨という伝統的な材料と技法を使い、全く新しい現代的な書の表現を創り出した井上有一の個展「井上有一 1916-1985 -書の解放-」が、国際交流基金パリ日本文化会館で開催されている。


パリ日本文化会館で開催の井上有一展。その力強さに圧倒される。

 井上有一は1916年東京生まれ。幼い頃から絵が得意で、画家になることを目指して、教師をしながら画塾や研究所で学ぶが、画の道を諦め、25歳の頃より、書に転じる。

 そして、書芸術の革新と現代書芸術の確立を目的とした「墨人会」の創設メンバーとして、1940~50年代にヨーロッパで起こった抽象表現を中心とする美術の潮流とともに、新しい時代の書を目指し、その前衛的な作品で注目を浴びる。


井上有一の書を象徴する作品。向かって左から《円》(1968年制作)、《無我A》(1956年制作)、《刎》(1980年制作)。

 展示会場に入ると、太い筆を使い、力強く書かれた作品が目に入る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >