2018/09/21 18:00

スペシャル対談 横山剣×光石研 クルマと旅と映画について語り合う

 2018年は、横山剣さん率いるクレイジーケンバンド(以下CKB)がデビュー20周年を迎えたアニバーサリーイヤー。3年ぶりのオリジナルアルバム『GOING TO A GO-GO』のリリース、そして横浜アリーナでのライブなど、アグレッシブな活動が続きます。

 CREA WEBでは、デビュー20周年を記念して、スペシャル対談を企画しました。剣さんのお相手としてご登場いただいたのは、熱狂的なクレイジーケンバンドのファンとして知られる俳優の光石研さん。2人のケンさんは今回が初対面。全5回にわたり、濃密すぎる対話の一部始終をお届けします!


▼talk04

キャロルとの出会いは衝撃だった


横山 それにしても、光石さんがこれほど詳しいとは……クールス時代からずっと聴いてくださっている方は貴重ですね。

光石 ただの追っかけですから。僕もしつこい性格なんですよ。そもそもの発端は、TVで観たキャロルの解散ライブ。中2の冬休み、鳥取にスキーに行った時のロッジでのことでした。たぶん、あれは再放送だったと思うんですが。

横山 キャロルは解散してからさらに人気が出ましたもんね。

光石 僕、あれを見て、箸が止まっちゃって。

横山 クールスも出演した放送ですか?

光石 そうです。クールスがバイクに乗りながら話す場面がいいんですよね。(口マネで)「キャロルいいね、キャロルサイコーじゃんか」(笑)、「天気悪いよ、おい、天気がよぉ」(笑)。

横山 「ボス、愛してるぜ、ボス」(笑)、ちょっとガラが悪いのに憎めない。

光石 あれ、当時の東京の街が見られるのがいいんですよね。東京も70年代はこんな風景だったんだなと思いますね。

横山 そうそう。原宿とか国会議事堂の辺りとか国道246とか。

光石 横山さんはキャロルが初めて出演した伝説のTV番組「リブ・ヤング!」からご覧になっていた?

横山 はい。で、その前後に、慶應大学の主催する学生サークルのイベントが神田の共立講堂であって、当時、僕が好きだったチューリップが出るから観に行ったんですよ。そこに飛び入りみたいに出て来たのがキャロルだったんです。

光石 へぇー!

横山 自分たちで楽器を運んでいたので、最初はローディーかなと思ったんです。でも、革の上下着て、いきなり「One Two Three Four!」って始まったら、全部持っていかれちゃって。チューリップがどうでもよくなっちゃった(笑)。

光石 やはり、そうでしたか。

横山 その数か月後にシングル「ルイジアンナ」が出て。アンサンブルが洋楽みたいで、センスいいってブッ飛んで。それから中2の時にコピーバンドを結成したんです。

光石 僕はキャロルに間に合わなかったんで、クールスにいっちゃったんです。それが今日に至るすべての始まりでした。

『アメリカン・グラフィティ』には
大きな影響を受けた(光石)


光石 横山さんの愛車も雑誌などでチェックしています。僕、今はベンツのハネベン(メルセデス・ベンツW110。フィンテールの形状が羽に似ているため日本ではこう呼ばれる)に乗ってるんですよ。

横山 ハネベン! いいですね。僕は今、趣味でBMW2002とオースチン・ヒーレー、普段乗りはキャデラックのVなんですけど、現行型なのであまりアメ車っぽくはないです。

光石 剣さんが乗っていた(シボレー)ノヴァは一時期、246沿いの池尻あたりのディーラーのショーウィンドウに置いてありましたよね?

横山 詳しい!(笑) ノヴァはもう売ってしまいました。改造しすぎちゃって、お腹いっぱいになっちゃって。売って後悔しましたけど。

光石 あのノヴァはかっこよかったですね。

横山 僕も、光石さんが10代の頃にベスパに乗ってたと聞いて、嬉しくなりました。映画『アメリカン・グラフィティ』の登場人物、テリーがベスパで「メルズ・ドライブイン」に乗りつけるシーンに憧れてね。

光石 僕もまさしくそうです。

横山 あのちょっと間抜けな感じがいいなと思って。一見冴えないんだけど、実はテリーが一番オシャレなんですよね。ホワイトバックスとか履いて。

光石 そうそう! 僕たちの世代には『アメリカン・グラフィティ』は大きかったですね。

横山 大きかったですね。ジョージ・ルーカスが監督した映画本編も良かったけど、50’sや60’sのロックンロールやヒット・ナンバーが入ったサントラが最高。

光石 日本での公開は1974年。ロックンロール・リバイバルや50’sブームのきっかけになりましたね。

横山 そうそう。僕はアメグラを観て、横浜の本牧が急に恋しくなっちゃったんです。70年代の本牧は米軍基地があったので、まだ『アメグラ』っぽい雰囲気が残っていたんですよ。

光石 僕はリバイバル上映で観ましたが、『アメグラ』がきっかけで50’sのファッションや音楽にハマった人は多かったですよね。

横山 ロックンロールに興味がない人もリーゼントやポニーテールにしたり。『グローイング・アップ』というイスラエル映画とか、TVドラマ「ハッピーデイズ」とか、亜流もたくさん生まれて。

光石 やっぱり50'sは10代から刷り込まれているので、今でも好きなんですよ。今日も横山さんにお会いするからアロハを着て、髪も少し寄せてきたつもりなんです(笑)。

横山 かなりリーゼンティーですね。ちゃんと髪があるからうらやましい!(笑)

CKBの楽曲に導かれるまま
ソウルやワイキキへ(光石)


横山 ロックンロールが好きで50'sに傾倒していく人はけっこういますけど、光石さんみたいにそこからさらに幅広く、リンクしていく人はなかなかいない。ソウル・ミュージックが好きなところもシンパシーを感じます。

光石 僕、横山さんの影響でアジアに行くようになったんですよ。タイ、香港、韓国。CKBの「ウォーカーヒルズ・ブーガルー」を聞いて、ソウルの「パラダイスカジノ・ウォーカーヒル」にも行きました。

横山 嬉しいですねー。

光石 あの歌で「黒 白 黄色の肌薫るフロア」と歌われていたのでどんなに国際色豊かな所なんだろうと妄想を膨らませていたんですが、カジノにいたのはほとんど中国人でした。

横山 そうでしたか。

光石 タイに関しては、タイの映画(ペンエーグ・ラッタナルアーン監督による07年作品『インビジブル・ウェーブ』)にちょっと出て、知り合いができて行くようになったというのもあるんですけど、旅先は横山さんから確実に影響を受けてます。JALの機内誌「SKYWARD」の横山さんの記事を読んで、ワイキキのダウンタウンをウロウロしてみたり。

横山 ダウンタウンはいいですよね。どの街でもちょっとエキゾチックな香りのする場所が好きなんですよ。LAに行ってもリトルトーキョーとかコリアタウンに行っちゃうんです。

光石 LAにはまだ行ったことないんですよ。

横山 ニューアルバム『GOING TO A GO-GO』のジャケットの被写体も、LAの空港にある「Encounter」というレストランなんですよ。以前からアトミックな50’sテイストのあの建物が大好きで。

光石 ああ、ホントですね。かっこいい!

横山 海岸沿いのマリブやベニスビーチもいいし、N.W.A.やケンドリック・ラマーを生み、今やヒップホップの聖地となったコンプトンにも行きました。「Amoeba Music」っていう巨大なレコード屋でロス・ロボスのインストアライブに遭遇したり、LAはチカーノ(メキシコ系アメリカ人)文化もたまんないですね。

光石 そういう横山さんのセンスに僕はいちいち影響されているんです。クルマ、旅、音楽。おかげで世界が確実に広がりました。

「バイプレイヤーズ」は
メンバーが最高だった(横山)

横山 光石さんが出演していたTVドラマ「バイプレイヤーズ」はメンバーが最高でしたね。皆さん、強烈なキャラクターの方ばかりで。

光石 大杉漣さん以外はみんな同世代で現場も面白かったんです。まさか大杉さんが突然亡くなられるとは……その日まで一緒に撮影していましたから。ほんとに我々のリーダーでした。大杉さんも音楽が好きで、フォークシンガーの高田渡さんのファンで、芸名も息子さんの高田漣から付けられたそうです。

横山 そうでしたか。

光石 松重(豊)さんも福岡出身で、彼はパンクが好きで、最近はラジオのパーソナリティをしているから、新しいバンドもよく知っているんですよ。

横山 ああ、Fm Yokohamaで番組(「深夜の音楽食堂」)をお持ちですよね。でも、役者さんって大変じゃないですか。僕は役者は向いてない……。

光石 観ましたよ。去年のCKBの主演映画『イイネ!イイネ!イイネ!』。

横山 あれは、なんか乗せられちゃって。プロの役者さんはほんとに凄いなと。

光石 出演されていた中野の英さん(中野英雄)にもすぐ「観ました」ってメールさせてもらいました。

横山 中野さんともお付き合いがありますよね。

光石 ええ。歳も近いですし、以前は仕事で何度かご一緒して。まさか英さんがマネージャーの萩野さん(横山剣とともにCKBの所属事務所ダブルジョイレコーズの代表を務める萩野知明。元クールスR.C.のベーシスト)の役をやるとは驚きましたが(笑)。

talk05に続く


横山 剣(よこやま けん)

1960年生まれ。横浜市出身。81年にクールスR.C.のヴォーカリストとしてデビュー。その後、ダックテイルズ、ZAZOUなど、さまざまなバンド遍歴を経て、97年にクレイジーケンバンドを発足させる。和田アキ子、TOKIO、グループ魂など、他のアーティストへの楽曲提供も多い。2018年、クレイジーケンバンドはデビュー20周年を迎え、8月には3年ぶりとなるオリジナルアルバム『GOING TO A GO-GO』(写真)をリリースした。9月24日(月・祝)には、横浜アリーナでデビュー20周年記念ライブが行われる。
●クレイジーケンバンド公式サイト http://www.crazykenband.com/

光石 研(みついし けん)

1961年生まれ。福岡県出身。高校在学中の78年に映画『博多っ子純情』の主役に抜擢を受け、俳優デビューを果たす。主な出演作に、映画『Helpless』『ヒミズ』『シン・ゴジラ』『アウトレイジ 最終章』『モリのいる場所』『羊と鋼の森』、ドラマ「バイプレイヤーズ」「未解決の女 警視庁文書捜査官」「ハゲタカ」「フェイクニュース」などがある。盟友・大杉漣が初のプロデュースを手がけ、主演も務めた映画『教誨師』(2018年10月6日公開)にも出演している。
●鈍牛倶楽部(所属事務所)公式サイト
http://dongyu.co.jp/


剣×研サイン入りチェキをプレゼント!

横山剣さんと光石研さん、おふたりのサインが入ったチェキを、計5名にプレゼントいたします。応募要項は、この連載の最終回に掲載しております。

<衣装>
[光石さん]ネイビーセットアップ/BLUE BLUE(03-3715-0281)、インナーのアロハシャツ、シューズ/本人私物

構成=佐野郷子
撮影=鈴木七絵
スタイリング=下山さつき
ヘアメイク=山田久美子

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >