2018/10/29 07:00

台湾式ティーセレモニーに興奮!ロンドンの中華街で午後のお茶を

 ほかの中華街のレストランとは一線を画する、黒基調のスタイリッシュなインテリアが目を引く「シュー・ティーハウス&レストラン」。

 繊細な台湾料理を供することで、中華のファイン・ダイニングとしての地位を揺るぎないものにしていましたが、ここのところ、ティーハウスとしての側面にがぜん注目が集まっています。


1930年代の台北をイメージさせるシックな外観。グランドフロアがティーハウス、ファーストフロアがレストランです。

落ち着いた雰囲気の店内。

 グランドフロアにティーカウンターを設けるなど、もともと中国茶に力を入れているシューが、今年の夏にスタートしたのが、台湾式のアフタヌーン・ティー・セレモニーセット。冷茶1種、温かいお茶2種、セイボリー3種とスイーツ6種のセットです。


テーブルには、慣れない身にはなにに使うのかひと目ではぴんとこない竹製のお道具。

台湾式ティーセレモニーへの期待が高まります。

 一品目は、まず水出しの冷たいお茶。季節のフルーツの香りがただようさわやかなお茶で、取材に訪れた時は、サマー・ストロベリー烏龍という、24時間抽出したウーロン茶にイチゴのインフュージョンを加えたお茶でした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >