2018/11/10 08:00

グルメゾーンの店舗数は50以上! 巨大な台北駅をディープに徹底解剖

 前回は台北駅の地下エリアについてお伝えしましたが、今回は後編として、台北駅そのものにフォーカス。

 駅構内は1階中央にホールがあり、それを取り囲むように「ロ」の字にショップが並びます。コンビニや郵便局まであるので便利さは抜群ですが、広さとロの字ゆえの構造からか、慣れないと同じところを歩いている感覚に……。


台北駅中央ホール。正面は台湾鉄道のチケット売り場。

ホールを囲むように1階と2階には様々なショップが並ぶ。

 2階は巨大なグルメゾーン。バラエティ豊かなレストランからフードコートまで、店舗数はなんと50以上。

 1階のショップと合わせると100店舗を超えるので、台北駅をただの通過スポットにしておくのはもったいない! ポイントを押さえ効率よく、グルメにショッピングにと使いこなしましょう!

 迷わないためにもまず手に入れたいのがフロアガイド。ショップが色別に分類されていて、見やすくまとめられています。


初めて行く際には手に入れたいフロアガイド。

1階のマップ。名産品をはじめとした小型ショップが連なる。

2階のマップ。左2カ所、上1カ所、右1カ所にフードコートがある。

 台北駅は東西南北それぞれから出入り可能。方角ごとに3カ所の出口があり、北1門~北3門、南1門~南3門、東1門~東3門、西1門~西3門と名前がついています。もし迷うことがあれば表示されている出口の名前を確認するとよいでしょう。

 また、2階にはタッチパネル式のフロアガイドがあるのでお店選びなどにも役立ちます。


2階に設置されているタッチ式のフロアガイド。

タッチ式フロアガイドの画面。

話題のBIGフライドチキンもここに!
台北駅1階のおすすめショップ

 台北駅のショッピングエリアは、正式には「微風台北車站(Breeze Taipei Station)」という名称で、地下1階から2階まで展開。台北に百貨店を展開する微風グループが運営しています。

 定期的に店が入れ替わり、台湾の流行に合わせて、話題の店が出店するのでいつ行っても新鮮です。

 1階はお土産にぴったりな台湾の名産品や生活雑貨、コスメ、ドリンクスタンド、テイクアウトの軽食やデリが集まり、時間があればぐるっと一周してみるのもいいでしょう。

 おすすめは南2門と南3門の間にある「豪大大鶏排」。顔の大きさほどもある、士林夜市の名物フライドチキンの店がなんと台北駅にもあるのです。

 テイクアウトのみでファーストフードのようにドリンクとポテトのセットなどもあり、夜市ほど行列もなし。密かな穴場です。


「豪大大鶏排」店頭。セットなどファーストフードのようなメニューが楽しめる。

注文後揚げるので少々待ち時間があるがビッグサイズのフライドチキンが楽しめる。

 お土産ならば、南1門と南2門の間にある人気の麺ブランド「阿舎食堂」がイチオシ。台湾で少し前からブームになっている乾拌麺の専門店です。

 ネットやスーパーなどでも購入可能ですが、ほぼ全種類揃うのはここだけ。自宅でも台湾の人気麺が楽しめます。


乾拌麺の専門店「阿舎食堂」はお土産にもぴったり。

 その他、押さえておきたいのが安くて旨い、台湾鉄道の駅弁専門店「台鐵便當本舖」。

 スタンダードのパイコー弁当「傳統排骨便當」の他にも具材が違ったり、ベジタリアン用のものがあったりと、他の駅弁コーナーよりも種類豊富なのが特徴です。西3門付近にあります。



左:「台鐵便當本舖」店頭。隣にも系列店があるが、メニューが若干違う。
右:種類豊富な駅弁。ここは売り切れ次第終了なので早めの確保がおすすめ。

覚えておくと便利!
観光案内所&郵便局

 旅先での情報収集にぴったりなビジターインフォメーションセンターは中央に。最寄りの出入り口は西2門と南3門です。

 ここでは日本語のガイドマップなどが入手可能。中でも表紙がポップで可愛らしい「FUN TAIPEI」のシリーズは北投、猫空、艋舺・西門、大稲埕・大龍峒とスポットにフォーカスした冊子になっており、ガイドブックには載っていないようなディープな情報が満載。手に入れておきたい1冊です。


ビジターインフォメーションセンター。

ディープな情報が掲載されている「FUN TAIPEI」。

 そして、これはあまり知られていない情報ですが、駅構内には2階へ行くエレベーターがありません。利用するには一旦外へ出て、東2門と東3門のちょうど間にある「鉄道管理局」のエレベーターを利用する必要があります。

 ただし、こちらを利用するには荷物の多い方、もしくは車椅子の方などに限るとのことで、一般の方は構内に4カ所あるエスカレーターを使用しましょう。

 エスカレーターはそれぞれ上り専用、下り専用となっており、下りは北1門付近にある1カ所のみ。2階は「真・食物」というレストランの前にあります。


2階へ行けるエレベーターがある鉄道管理局。

エレベーターは4基あるが一般客が使用できるのはこの1基のみ。

構内に4カ所あるエスカレーター。

 その他、郵便局は南1門と東3門の出口そばの角にあります。ポストもあるのでここで切手を購入し、旅先からの手紙を送ってみてはいかがでしょうか。


南1門出口のところにある郵便局。窓口の向かい側にポストがある。

台北駅2階のグルメゾーンで
チェックすべきレストランはココ!

 さて、次は2階グルメゾーンへ。ロの字の内側と外側、こちらもぐるっと一周ほぼすべて飲食店で埋め尽くされています。

 内側の店舗はガラス窓で駅中央のホールが見下ろせるようになっており、外側は座席数も多い、大型レストランで構成。台湾グルメはもちろんのこと、日本の名店や世界各国の話題店まで、バリエーション豊かな食の世界が堪能できます。

 時間がない時におすすめなのはさっと食事ができるフードコート。この2階には実は4カ所ものフードコートがあるのですが、中でもおすすめは台湾らしいB級フードが楽しめる西南側にある「台湾夜市」と北側の「牛肉麵競技館」。


フードコート「台湾夜市」入り口。

「台湾夜市」内。席数も多く、休憩するのにもちょうどいい。

「台湾夜市」では客家料理の定食、ピリ辛スープがたまらない麻辣スープ、牡蠣オムレツの蚵仔煎(オアジェン)などの店が6店舗。

「牛肉麵競技館」では4店舗の味が楽しめます。豆花などの台湾スイーツの老舗「小南門」などもあり、まるで夜市のように台湾グルメの食べ歩きがここ台北駅内で実現できます。



左:「牛肉麵競技館」の壁にある広告。各店それぞれに牛肉麵の特色があるのがわかる。
右:台湾スイーツの老舗「小南門」の豆花メニュー。



左:スターバックスの店内からは中央ホールを見下ろすことができる。
右:多くの飲食店がひしめき合う2階通路。

 時間のない時や、空港へ向かう前の台湾グルメの食べおさめ、お土産を買うのにもぴったりな台北駅。天候にも左右されず満喫できるので、ぜひポイントを押さえて、楽しい旅にご活用ください!

微風台北車站
(Breeze Taipei Station)

所在地 台北市中正區北平西路3號 台北車站B1、1F、2F
営業時間 10:00~22:00(各店舗の開店時間、ラストオーダーの時間は店によって異なります)


矢作 晃之(やはぎ てるゆき)

埼玉県出身。最近は会う方から「日本語上手ですね」と言われますが100%日本人です。日本での台湾関連旅行会社勤務を経て中国語の勉強の為に30代で中国語レベルゼロからの留学を決意。その後、初めてコーディネーターという仕事に巡り合い、台湾で会社を立ち上げおかげさまで10年を超えました。
現在はTVロケや雑誌取材のコーディネーターとして日々たくさんの方に新しい台湾を一生懸命探しながら紹介いたしております。CREA WEB読者の皆さんに喜ばれる、使える、役に立つ情報を発信させていただこうと思っておりますのでどうぞ宜しくお願いいたします!!

文・撮影=矢作晃之

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >