2018/11/05 18:00

「一澤信三郎帆布」が沖縄初進出 話題のオリジナルコラボバッグとは?

「樂園百貨店」×「一澤信三郎帆布」
オリジナルトートバッグが限定発売

 京都の帆布カバン店、一澤信三郎帆布とのコラボトートバッグが沖縄の「樂園百貨店」に登場。数量限定での販売だ。


樂園百貨店は、沖縄・日本・海外から厳選した食品・コスメ・ライフスタイル雑貨などの「いいモノ」を提案するライフスタイルブランドとして2018年7月にオープン。今回は「日本のいいモノ」として、一澤信三郎帆布とコラボレーションした。

 一澤信三郎帆布は創業113年の老舗で、店舗は京都・東山の1店舗のみ。今回は樂園百貨店とのコラボレーションによって、初めて沖縄での販売が実現した。職人用の道具袋として作られてきた、シンプルな形のトートバッグは大小2サイズ。色は生成とオリーブグリーンの2色だ。


オリーブグリーンの帆布にバナナの葉の柄を染めた商品には「信三郎布包(しんざぶろうかばん)」のブランドネームと樂園百貨店、2つのダブルネームがつけられている。

生成の無地商品には「一澤帆布製」のネーム。カバンは良質の天然帆布を使い、昔と変わらず丁寧な手作業ですべて製造されている。シンプルで使い勝手が良い頑丈なかばんは、メイドインジャパンのハイクオリティとして国内外に多くのファンを持つ。

バナナの葉の柄は、沖縄出身のアーティスト・MIREI氏によるデザイン。樂園百貨店に併設する樂園カフェでもメインビジュアルとして店内に描かれているバナナの木は、沖縄ではポピュラーな植物だ。バナナの葉には、ゆったりとした沖縄の風を感じさせ、「お店や商品を包む」といったメッセージを込めている。

 たくさんのこだわりがつまった「ここにしかないオリジナルのトートバッグ」は、長く使い込むほど味わいのでる「お気に入りの品」になってほしい。そんな願いが込められた商品。220個限定で、2018年10月23日(火)より発売が開始された。注目のアイテムをぜひ、手に入れてみては?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >