2018/11/19 20:00

持っていくと旅が劇的に快適になる! 達人のお気に入り旅アイテム6選

 海外旅行歴30年のエッセイスト、柳沢小実さんがおしゃれ&スマートな旅じたくのヒントを伝授。パッキングのコツや荷物の減らし方、洋服の選び方など、旅がもっと楽しくなるtipsを5回にわけてご紹介します。


 元々、旅アイテムは普段使っているものを旅にも転用していました。旅の頻度が上がるにつれて、旅限定でもいいから使いやすいものを揃えたくなり、いつの間にかそれを普段も使うようになりました。旅で役立つものは、日常使いにも便利なのです。


新入りの旅アイテムたち。軽さは正義!

 これだというものを厳選してはいますが、より性能が良いものが出たら、買い替えることもあります。旅グッズひとつで、旅が劇的に快適になると知っているから。

 そんな私が、今年新たに手に入れた旅グッズをご紹介します。

バッグはアウトドアブランドで
軽い&丈夫が大前提!


パタゴニアのリュック(右)とモンベルのショルダー(左)。

  バッグはやはり、生地が薄くて軽いのに丈夫なアウトドアブランドが優秀です。

 パタゴニアの「ライトウェイト・トラベル・トートパック」は持ち手つき。持ち手つきリュックは沢山ありますが、なぜこれかというと、持ち手が肩掛けできる長さだから。

 両手が空くので、スーツケースを持っていたり、お土産の袋を沢山持っていたりしても大丈夫。また、軽くてかさばらず小さくたためて、サブバッグとして持っていってもいいくらいです。

 ショルダーはモンベルの「U.L.MONO ポーチ S」。サイズは各種あり、移動中にお財布と携帯、パスポートだけを入れています。

 これも軽量(23グラム)だから、わざわざ持っていっても負担になりません。紐の長さは調節可で、短めにして体にぴったり添わせて、上からアウターを着れば、防犯面でも安心です。

シューズは1日履いても疲れない&
裸足でも履けるものを愛用


軽さと歩きやすさに太鼓判。

 ナイキのシューズ「エア リフト ブリーズ」は、台湾とマレーシア旅行のために買って、この夏ほぼ毎日履いていました。ソールが軽くてクッション性が良く、一日中歩いても疲れない。本体はメッシュ素材で、裸足でも靴下でも履けます。

 サンダルとスニーカーのちょうど中間なので、突然雨が降って足元が濡れても大丈夫。近年は、スニーカーブランドからいいサンダルが出ているので、毎年春夏に新作をチェックしています。

レスポのポーチをお財布に
ネックストラップと時計も必携


どれもシックなデザインで気に入っています。

 お財布は、頻繁に旅している友人に教えてもらって、レスポートサックのポーチ「スモール ココ」を使っています。

 中が3室+2室に分かれていて、お札と小銭、お金とレシートなど、種類別に分けて入れることができます。カードなどの貴重品は真ん中のチャック部分に。お金を入れる部分が横長にがばっと開いて、中が見やすいのです。

 慣れない通貨を入れるお財布は、口が大きく開くポーチを使うのが良くて、100円ショップの横長ビニールポーチも便利に使えます。

 旅アイテムは人から教わることも多くて、ネックストラップは、お洒落な編集者さんが台湾出張で携帯を首から下げていたのを見て、「便利そう!」と、真似するようになりました。

 旅の間はバタバタしているし、携帯はしょっちゅう取り出したりもする。これだけ携帯に頼るようになって、パスポートと同じくらい大切なものだから、ストラップをつけると安心です。ちなみに、その方はサコッシュ+ネックストラップで、軽やかに旅していました。

 置き時計は、“荷物コンパクト派”なので、これまでは持っていくことは考えられませんでした。でも、海外のデザインホテルなどは、時計がないこともある。だから、出張をきっかけにブラウンの目覚まし時計を持っていくようになりました。

 このように、何でも減らすのがいい、ではなくて、自分が必要と思うものはあえて持って行く。今はそう考えています。


 身軽に旅するには、旅アイテムも大切。今回アップグレードして、あらためて感じました。高性能な道具と、快適な旅を。


柳沢小実 (やなぎさわ このみ)

エッセイスト。暮らしや旅の著書多数。 読売新聞“軽やか生活”(隔週水曜夕刊)、JR東日本“びゅうたび”などで連載中。最新刊は『大人の旅じたく』(マイナビ出版)、『わたしのすきな台北案内』(マイナビ出版)。
Instagram https://www.instagram.com/tokyo_taipei/
https://www.furarifurari.com/

文=柳沢小実
撮影=山元茂樹

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >