2018/11/21 12:00

霧が晴れた摩周湖を見ると婚期が…… 気になる都市伝説の真偽のほどは?

Magnificent View #1450
摩周湖(北海道)


(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 周囲を高い絶壁に囲まれ、ひっそりとたたずむ姿が神秘的な摩周湖。北海道東部にある、周囲約20キロ、最深約211メートルのカルデラ湖だ。

 摩周湖といえば、霧。1966年に布施明の歌う「霧の摩周湖」がヒットし、この湖の知名度は全国区となった。以来、神秘的なイメージがすっかり定着し、「霧が晴れた摩周湖を見ると婚期が遅れる」といった都市伝説まで生まれるほどに。

 神秘さをいっそう増すのが、世界でトップクラスを誇る水の透明度だ。川が流れ込まない摩周湖は、生活排水や不純物が運び込まれることがなく、プランクトンが極めて少ないため、透明度が高い。その独特の深い青色は、「摩周ブルー」と呼ばれている。

 都市伝説はさておき、その風景はいつ訪れても素晴らしい。霧が発生しやすい夏は神秘的な絶景が、厳冬には美しい「摩周ブルー」を見られる確率が高くなる。

文=芹澤和美

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >