2018/11/20 20:00

話題のココナッツミルクを使った お腹に優しいヴィーガンレシピ2選

 ベルリン在住の料理家・あっこさんが提唱する、「スポンテニアス」な日々の料理。旬の食材を安く買って、冷蔵庫やストックにあるものと、気ままにインプロバイズ(即興で作る)! 超便利な常備食材と、季節の野菜を組み合わせたレシピをご紹介します。


流行りのココナッツで
スポンテニアスクッキング


ココナッツ料理のレパートリーを増やしたい。

 こんにちは、ベルリン在住あっこです。

 突然ですが、昨今のココナッツブームで、皆さんのココナッツ料理のレパートリーは増えていますか? ロングセラーとなっているココナッツブームの裏にはラクトース(乳糖)フリーの需要やベジタリアン、ヴィーガンブームなど、乳製品を食べない人が増えていることの影響もありそうです。

 ちなみにラクトースは哺乳類の母乳以外にレンギョウという漢方にも使われている花の花粉に含まれているとのこと。猫が便秘の時にはラクトースを与えるようにと獣医師の先生が言っていました。お腹がゆるくなる作用があるようです。

 敏感な人はお腹を壊しやすいので乳製品を食べるのを避け、豆乳も体を冷やすなどの理由から飲まない人も増えているので、それらの代用品としてココナッツ製品が注目されているということもあるのでしょう。食べ物の流行りも目まぐるしく変わります。

 そんなわけで、ベルリンでもココナッツ関係の新製品がどんどん発売されています。流行り物も一通りチェックしたい私は、最近ではココナッツヨーグルトにハマり中。もはや普通のヨーグルトよりも好きかも。

 他にもココナッツフレークは柑橘類とルッコラやチコリのサラダなどに入れたり、ココナッツオイルは肌にも塗ったり、夏にはココナッツウォーターで水分補給とココナッツ三昧、軽く流行に踊らされている状態です。

 私が会員になっているスーパー、「LPG エル・ペー・ゲー」には食堂があって、オーガニックの食材で作られた7種類の日替わりランチがお手軽価格で楽しめます。

 そこに1人ヒッピー風の髪にビーズをつけたシェフがいて、彼が作る料理が時々大ヒットを飛ばすのでちょくちょく食べに行きます。ある日食べたフェンネル(ういきょう)の茎とキノコのパスタがココナッツミルクベースでとろとろ。

 めっちゃ美味しかったので、何が入っているの? と聞いたらピーナッツバターでした! ココナッツミルクとピーナッツバターをパスタのソースに! 私にはなかったアイデアです。

 あまりの旨さにまた食べたくなってしまい、カボチャも入れて自分で作ってみた! というレシピです。

カボチャとキノコと
フェンネル(茎)のガドガドパスタ

■材料(約3人前)


・フェンネル(茎):1株
・カボチャ:300g
・お好みのキノコ:100g
・パスタ:100g
・ココナッツミルク:1缶
・ピーナッツバター:大さじ大盛り1
・ピーナッツ:大さじ3~4
・ニンニク:2片
・生姜:ニンニクの約4倍量
・チリ:辛いもの1本
・パセリ:たっぷり
・オリーブオイル:大さじ3~4
・塩:小さじ2

■作り方


(1) カボチャを洗い一口大に切り、オリーブオイル大さじ1をふりかけ、200度のオーブンで20分ほど焼く(オーブンがなければ強火で温めたフライパンで焼く)。
(2) その間にニンニク、生姜、チリをみじん切りに、フェンネル(茎)はスライスにする。


(3) 鍋にオリーブオイル大さじ1強を温め、ニンニクと生姜を炒める。香りが立ったらチリを加え軽く炒め、フェンネルも入れてくたっとするまでじっくり炒める。
(4) フェンネルがよく炒まったら、ココナッツミルク、ピーナッツバター、ピーナッツ、塩を加え弱火でしばらくコトコト煮込む。水分が少なければ水(分量外)を足して緩める。
(5) 別の鍋にお湯を沸かし、塩(分量外)を加えパスタを茹でる。
(6) フライパンにオリーブオイル大さじ1を温め、キノコを炒める。
(7) パセリをみじん切りにする。


(8) カボチャに火が通ったら、炒めたキノコとパセリ(みじん切り)と鍋に加え、全体をさっと混ぜ火をとめる。カボチャが煮崩れないようなるべく混ぜない。
(9) パスタが茹で上がったらお湯を切り、(8)のソースを加えカボチャが崩れないように手早く混ぜて出来上がり。

■ポイント

ポイントはソースを程よく滑らかに保つこと。カボチャを投入してからはあまりかき混ぜないよう気をつけてください。カボチャが溶けてソースが重くなりすぎると食べづらくなってしまいます。

ソースがすでに重めになってしまった時はパスタと混ぜる時、茹で汁を少し足してさらっとさせてください。緩すぎも味気ないのでソースの濃度に気をつけます。この時もなるべくかき混ぜないで最小限和えるように。

もう一つはしっかり辛みをつけること。かぼちゃが甘く、ピーナツもまったりとした旨みなのでピリッと辛さを効かせた方がシャープな味になります。チリでも味が締まらない場合、火を止めてからカイエンヌペッパーを振りましょう。


二日目には、ほうとうのようになって、ますますとろとろです。

 レシピ名のガドガドとはインドネシアのサテなどにつけるピーナッツのソースのこと。元々は南アフリカ、スーダンが発祥らしいこのソース。

 ベルリンではスーダン風ファラフェルの店が人気で、ひよこ豆のコロッケ=ファラフェルにピーナッツソースをかけて食べますが、このソースがインドネシアに伝わってガドガドになったのかもしれません。

 ネットで見てみるとガドガドにも色々なレシピがありますが、ピーナッツバターとココナッツミルクを混ぜるバージョンもポピュラーだったので、「ガドガドパスタ」と名前をつけてみました。

 パスタは一つの具として量は少なめに。ドイツ家庭料理らしい、柔らかく煮てとろとろになったシチューのような仕上がりを目指しましょう。生姜とチリの刺激、ココナッツミルクとピーナッツのこってりした旨み、そしてとろけたカボチャであったまります。

 友達が病みつきだと言っていたので、食べてみたら私もどハマり中のココナッツヨーグルト。ココナッツブームもこれが最終兵器か? という感じでメラメラと盛り上がっています。すっごく上品でコクがあるのにさっぱり。

 ガドガドにタマリンドを入れるレシピがあったので、そこから着想してココナッツヨーグルトで作ったお手軽ヴィーガンおやつを考えてみました。

 ココナッツヨーグルトとは乳酸発酵させたココナッツミルクのことで、普通のヨーグルトで作ってもいいし、ヴィーガンの人はココナッツミルクに乳酸菌を混ぜて、自分でも簡単に作ることができるようです。

 ココナッツヨーグルトは、ベルリンではオーガニックスーパー(1~2キロに1軒くらいの割合で乱立中)でどこでも売っていますが、日本でも手に入りやすいでしょうか?

ココナッツヨーグルト・
タマリンドソース


左はレモンジャムとタマリンドに先日行ったアテネでゲットしたベルガモットの甘露煮を。右はいちじくのジャムとバルサミコ酢をかけたもの。

■材料

・ココナッツヨーグルト(普通のヨーグルトでも可)
・柑橘系またはいちご、りんご、いちじく、桃などお好みのジャム(甘さ控えめのもの)
・タマリンド、または黒酢、またはバルサミコ酢

■作り方

材料をカップやお皿に盛り付ける。

 ズボラか! というか何にもしてないのですが、タマリンドやお酢の酸味がココナッツヨーグルトのコクを底上げし、ヨーグルトを通り越してフレッシュチーズのようで、ヴィーガンとは思えないラグジュアリーな味になります。中にいちごジャムが入ったクレームダンジュ(フランスのふわふわのチーズケーキ)が好きな方に超オススメ!

 バルサミコもタマリンドも黒酢も、クエン酸で疲労回復や血液サラサラ効果があり、デザートで美味しくチャージできるのもちゃっかりしていて良いですね。

 ココナッツヨーグルトは本当に美味しいのですが、カロリーは普通のヨーグルトの3倍以上あるとのこと……。やっぱり……。食べすぎには注意しましょう。


Photo by sekitas

あっこ(渡辺彰子)

渋谷で6年ちょっとおでん屋をしていたが、震災をきっかけに2012年よりベルリン在住。ROKU_Berlinとして料理、JA_HAI_YESとしてソーイング活動中。最近気になっているのがサンパウロのクレイジーな若者たち。しかし今回ブラジルの選挙で極右の同性愛嫌悪、差別主義のボルソナロが勝利してしまい全世界的右傾化に怯える日々。
ROKU_Berlin https://www.instagram.com/roku_berlin/
JA_HAI_YES https://www.instagram.com/ja_hai_yes/

文・撮影・レシピ考案=あっこ

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >