2018/11/27 07:00

ハチミツ専門店「ラベイユ」に聞く “顔が見えるハチミツ”の選び方

 天然成分からなる豊富な栄養素を持つハチミツは、体調を崩しやすい季節の変わり目の強い味方。でも、何をどうやって選ぶべき? そんなビギナーの人にむけて専門店直伝のハチミツの選び方と活用法を、さらにローフードマイスターが教えてくれた簡単でおいしいレシピまで、「しあわせ&おいしいハチミツ生活」を過ごすためのヒントを4回にわたってお届けします。


◆第1回
専門店に聞くハチミツの選び方
5つのヒント

 むかったのは、ハチミツラバーが絶大な信頼をおくハチミツ専門店「ラベイユ」。世界10カ国80種の選りすぐりのハチミツがラインナップされ、そのどれもが、生産者から直接買い付けた「天然ハチミツ」。国産ハチミツの種類も豊富なほか、話題の「生ハチミツ」も取り扱う。

 今回、指南役をお願いしたのは、同店のスーパーバイザーをつとめる有井淑美さん。ハチミツの選び方について聞いてみた。


「ラベイユ」ショップスーパーバイザー兼広報の有井淑美(ありい・よしみ)さん。4歳になる娘の子育てと仕事の両立に追われるなか、日々の健康管理にハチミツが大活躍だとか。

その1:
香りで選ぶ

美容・健康だけじゃない
心にもいいことが!

「体作りに欠かせないビタミンとミネラル群、肌や髪をケアするアミノ酸、抗菌作用を見込めるポリフェノールほか、ハチミツが持つ栄養素は100種類以上あると言われています。特に風邪をひきやすくなるこの季節は、予防と喉のケアとしてハチミツに頼りっぱなしですね」という有井さん。

 美容・健康面にアプローチする効能のほか、ハチミツの香りにも着目して欲しいと続ける。


店内では量り売りも。香りで選ぶこともできる。

「ハチミツの香りにはリラックス効果があります。産地や花によって違いがあり、とっても個性豊か。目をつむって香りを楽しんでから口に含むと、心身ともに満たされるのを感じます。朝のひとさじは元気を与えてくれる香り、寝る前のひとさじは落ち着ける香りと、朝晩でハチミツの種類を変えるのも楽しい。ぜひ自分好みの香りを見つけてみてください」

その2:
作り手と産地で選ぶ

知っておきたい
ハチミツの“プロフィール”

 万能フードともいえるハチミツ。だが、本来の効果や風味を損なわないために気をつけるべきことがあるという。

「素晴らしい栄養素を持つハチミツも、60℃以上で加熱されると効力を失います。同じく、揮発性の成分で構成される香りや風味も損なわれます。

 また、養蜂の仕方、ハチミツの採取方法から蜂の育て方、保管の仕方まで。ハチミツ本来のポテンシャルを活かすには、ハチミツができるまでの環境作り、いわば作り手の手間暇が左右します。ラベイユでは、直接現地に赴き、さまざまなポイントをチェック、自社の基準をクリアしたハチミツだけを取り扱っています」


ラベイユのハチミツには、採蜜地と養蜂家名が書いてある。例えば、気にいったハチミツの養蜂家や採蜜地の別の種類を試すなど、ワインを選ぶときのようにハチミツ選びを楽しみたい。

 世界にはいろんなハチミツがある。その個性を最大限に享受するために、“顔が見えるハチミツ”を選ぶことが大切といえそう。

その3:
好きな食べ物から選ぶ

もっと気軽に! 
フードとのマリアージュを

 有井さんいわく、ハチミツビギナーの人にこそ試して欲しいのが、好きな食べ物や飲み物に合うハチミツを探すことだとか。

「例えば人気の食パンも、ふんわりした生地にはもっちり濃厚な舌触りのフランス産ラベンダーのハチミツ、トースト派にはほっくりとした甘みで小麦の香りと好相性なフランスのローズマリーのハチミツ、バタートーストが好きな人は結晶タイプでシャリシャリとした食感が楽しいイタリアのアルファルファのハチミツと、組み合わせは千差万別! 紅茶などのドリンク類も然りです。


ハチミツごとに相性のいいフードが一目でわかる、ラベイユの棚。イラスト入りでわかりやすい。

 こう説明すると、組み合わせがありすぎてかえって迷ってしまう人もいらっしゃいます(笑)。人によって味覚はさまざまですし、同じ人でも気分によって好みはゆらぎます。正解はないので、かまえず自分が好きなものや、普段よく食べるものに合うハチミツから買いそろえていくのはいかがでしょうか」

 なお、ありとあらゆるマリアージュを試したという有井さんが、今も変わらず楽しんでいる組み合わせは意外にもシンプル。

「欠かせないのが、ハチミツとヨーグルトの組み合わせ。ハチミツに含まれるグルコン酸が、ヨーグルトに含まれるビフィズス菌を増やす役割を果たすので、さらなる整腸作用が期待できますよ」

その4:
五感で選ぶ

味、香り、舌触り……
心地いいと思ったものが正解!

 ラベイユでは、店内にあるすべてのハチミツを試食できるのがうれしい。


店内に陳列される様はまるで博物館のよう!  量に圧倒されず、見た目から直感的に選んでみて。

「ハチミツ選びの、一番の近道は実際に食べてみることです。食感ひとつとっても、シャリシャリ、クリーミー、さらさら、とろりとさまざま。好きな色といった視覚から、またレモンやオレンジといったなじみのある果物の花から採れたものなど、見た目やインスピレーションで手にとってみてください。蓋を開け、香りを楽しみ、ひとさじ口に含んで、おいしい! と心地いい気分になったものが今のあなたのベストです!」

 自分好みのものが見つかれば、ほかとの比較が楽しめてさらにハチミツの奥深さを堪能できるはず。直感と五感をフルに使って自分のお気に入りを探してみては。

その5:
プロのおすすめから選ぶ

 プロが選ぶハチミツが知りたい! という人のために、有井淑美さんが「国産ハチミツ」「生ハチミツ」のおすすめと、そのマリアージュの提案をしてくれた。

有井淑美さんが選ぶ
国産ハチミツ4選

「クセがなくてほっとする、優しい味わいが国産ハチミツの一番の魅力。ハチミツ版“おふくろの味”といいますか、懐かしさもあり、毎日食べられます。今回は、ギフトにも最適な、めずらしいものを集めてみました」


左から「東京はちみつ」「山形 さくらんぼ 佐藤錦」「沖縄 宮古島の花々」「和歌山 冬青」。

●「東京はちみつ」
東京・高尾山の麓にあるラベイユの養蜂場で採れたハチミツ。季節ごとに咲く花が異なるので、3つの時期にわけて商品化しています。写真のNo.1は春の花々から採蜜されたもので、3つのなかで一番花の風味が強く、トースト、紅茶、クリームチーズなどと好相性。No.2は初夏の花、No.3は夏の花々となります。
125g:1,836円(税込)

●「山形 さくらんぼ 佐藤錦」
フルーツの花から採蜜されたハチミツは全体的に食べやすく爽やかですが、この佐藤錦は濃厚さがウリ。クリーミーな味わいはバタートーストに合わせると最高!  酸味のあるヨーグルトにもおすすめです。
125g:2,160円(税込)

●「沖縄 宮古島の花々」
南国風味あふれる百花蜜のハチミツ。紅茶に入れると花の香りが引き立てられ優雅な気分になります。ヨーグルト、クリームチーズにも合いますが、ぜひ試して欲しいのがキウイフルーツ! トロピカルな味わいが増しますよ。ビタミン豊富なキウイはその酸っぱさで敬遠されがちですが、ハチミツをかければおいしく食べられます。
125g:1,728円(税込)

●「和歌山 冬青」
赤い実がなる樹木「冬青(そよご)」のハチミツは、キャラメルのような濃厚さがあるので、調味料として大活躍。肉料理ではお肉を柔らかく、魚料理ではお魚の臭みを軽減してくれる効果も。ふくよかな甘さは、ホットミルクやミルクティーともベストコンビ。
125g:1,404円(税込)

有井淑美さんが選ぶ
生ハチミツ3選

 加熱処理を施さない生ハチミツは、栄養価たっぷり。今回、有井さんがチョイスしてくれたのはシチリア産の3品。


左から「シチリアレモン」「野生にんじん」「タイム」。

●シチリア「シチリアレモン」
温暖な気候のシチリアで採れるハチミツは濃厚でジューシー。レモンのハチミツ漬けを舐めているようです。味の骨格がしっかりしているので、カットフルーツ入りのヨーグルトと合わせるのはいかがでしょうか。紅茶に入れると一味違うレモンティーができます。
「LIMONE」125g:1,944円(税込)

●シチリア「野生にんじん」
にんじんグラッセのような風味とコクは、料理の“引き立て役”に。私は、カレーの隠し味やドレッシングに使ってます。野菜ならではのほどよい甘さは、ミルクティーにも◎。
「CAROTA SELVATICA」125g:1,728円(税込)

●シチリア「タイム」
ハーブ独特の野性味と清涼感があり、お肉料理に最適です。リラクゼーション効果の高い香りに癒されます。さらに、ハーブの効能で喉のケアも期待できる、万能ハチミツです。
「TIMO」125g:1,944円(税込)

おまけ:
ハチミツを使った
スイーツやドリンクにも注目


左から「はちみつローストナッツ ソルト」「はちみつグラノーラ ハーブ キューブ」「サブレ オ ミエル ナチュール」。

 ラベイユでは、ハチミツの甘みを活かしたオリジナルのスイーツやドリンク類も大人気。すべて砂糖不使用。ハチミツを使うことで、重量感のある仕上がりとなるため、少量でも満足できるとヘルシー派にも好評。これからの季節には、パーティの手土産やギフトとしても選択肢に加えたい。

●「はちみつローストナッツ ソルト」
アーモンド、クルミ、マカダミア、ピーカンナッツに、ハチミツをコーティングし、シナモンとフランス産天然塩をまぶした。甘じょっぱさが後を引くおいしさは、大人のお酒のおつまみとしても最適! ワインやビールのお供に。
1,080円(税込)

●「はちみつグラノーラ ハーブ キューブ」
新商品で人気急上昇なのが、オリジナルグラノーラをハチミツで固めたこちら。ザクザクと食べ応えもあり、ハチミツの自然の甘さがいい。朝ご飯や、小腹がすいたときに重宝するほか、パーティフードとしても活躍しそう。スペイン産ラベンダーのハチミツのコクのある甘さや、ほのかな香りもアクセントに。
810円(税込)

●「サブレ オ ミエル ナチュール」
砂糖を一切使用せず、ハンガリー産アカシアのハチミツと発酵バターをたっぷり使用したプレーンサブレ。サブレの表面にもハチミツが塗りこまれているので“しっとり、サクっ”とした独特の食感がクセになる。
5枚入り 810円(税込)

 また、荻窪本店・新丸の内ビルディング店では、フルーツをハチミツに漬けたものを使ったドリンク「はちみつマリナード」も好評。天然のハチミツならではのコクと風味がフルーツの酸味とあいまって、豊かな気分になれるリッチドリンク。お店に立ち寄った際にはぜひ試して欲しい。


ハンガリー産アカシアのハチミツと、ラズベリーの甘酸っぱさがクセになる「ラズベリーの炭酸割り」500円(税込)。「はちみつマリナード」は、水割り、お湯割り、ソーダ割り、紅茶割りを選べる。※紅茶割りはプラス50円

 


【取材協力】
はちみつ専門店
ラベイユ
新丸の内ビルディング店

所在地 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル地下1階
電話番号 03-3201-1778
営業時間 平日・土曜 11:00~21:00、
     日曜・祝日 11:00~20:00
定休日 新丸の内ビルディングの休館日に準じる
http://www.labeille.jp/

取材・文=吉村セイラ
写真=佐藤 亘

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >