2018/11/27 10:00

焼きそばパンなのにナポリタン!? プチサプライズなパン弁当

 自分のためのお弁当だから、人目を気にせず、気の向くままに。好きなものだけを詰め込んだっていいし、おかず2品だってもちろんOK! つむぎやのマツーラユタカさんが、マイ弁当のための楽ちんレシピを考案してくれました。


ギャップ萌えな
ナポリタ~ン焼きそばパン弁当


SO CUTE! なタコさんウィンナーがアクセント。

 今日はちょっと力を抜いて、お弁当にパンを持っていくことに。キッチュでかわいくて、ノスタルジー! 焼きそばパンなんてチョイスはどうだろう。

 自分で焼きそばパンを手作りするなら、せっかくなのでひとひねり。焼きそばなんだけどナポリタン!?

 調味料をチェンジすれば、焼きそばもじつはフリーダムに楽しめるもの。そんなギャップを楽しむエンターテインメントを盛り込んで。付け合わせはタコさんウィンナーと大人味のさば風味のポテサラだ。


 タコさんウィンナーは、包丁で切り込みを入れて、黒ごまで目をつける。自分自身で食べる弁当だからこそ本気でやる(笑)。

 キュートさ5倍増し! ランチの気分がアガるし、インスタ映え度も当然アップ。遊びも仕事も弁当も、なにをやるにも徹底的に。大人だからこそ遊びゴコロ全開で、ランチタイムをお楽しみあれ!

◆ナポリタン焼きそば弁当

○ナポリタン焼きそばパン


■材料(1人分)

・コッペパン:1個
・サラダ菜:2~3枚
・バター:適量

[ナポリタン焼きそば(つくりやすい量)]
・焼きそば麺:1玉
・ウィンナーソーセージ:2本
・ピーマン:1個
・酒:大さじ3
・油:大さじ1

[A]
・トマトケチャップ:大さじ3
・中濃ソース:大さじ1

■つくり方

(1) ソーセージは1cm幅の輪切り、ピーマンは粗みじん切りする。

(2) フライパンに油をひき、ソーセージとピーマンを弱めの中火で軽く炒めたら、麺を入れて菜箸で手早くほぐしながらさらに軽く炒める。酒を入れて全体に絡めながら汁気を飛ばすように炒め、[A]を加えて全体に絡める。

(3) コッペパンの真ん中に切り込みを入れて、室温に戻したバターを塗り、サラダ菜とナポリタン焼きそばを適量挟む。

ワンポイント

焼きそばの麺は太麺をチョイスすると、よりスパゲッティっぽい見た目に近づくので、食べたときに、じつは焼きそばじゃん! っていう、サプライズ度がアップ!

○さば味噌ポテトサラダ


■材料

・じゃがいも:2個
・さば味噌煮缶:45g
・白ごま:少々

[A]
・マヨネーズ:大さじ1
・味噌:小さじ1
・塩:ひとつまみ

■つくり方

(1) 鍋に湯をわかし、じゃがいもを竹串が通るぐらいまでのやわらかさに下ゆでする。または600Wの電子レンジで5~6分加熱し、下ゆでする。キッチンペーパーで包んで、皮をむく。包丁で2cm角に切る。さば味噌煮缶は汁気をよく切る。

(2) ボウルにじゃがいもとさば味噌煮缶、[A]を加えてよくあえる。仕上げにごまを指先ですりながら加える。


ワンポイント

じゃがいもの下ゆでを電子レンジでするときは、水で濡らしたキッチンペーパーで包んで加熱します。こうすることで水分を逃さず下ゆでできます。

○タコさんウィンナー


■材料

・ウィンナーソーセージ:4本
・黒ごま:8粒

■つくり方

(1) ソーセージは、下の方に切り込みを入れて足をつくる。鍋に湯をわかし、ソーセージを1分ほどゆでる。

(2) ゆであがったソーセージに切り込みを入れて、黒ごまを目に見立てて埋め込む。


マツーラユタカ(つむぎや)

物書き料理家。金子健一とともにフードユニット「つむぎや」として活動。“食を通して人と人、満ち足りたココロをつむいでいく”をモットーに、書籍や雑誌、イベントなどで創作和食を提案。地元である山形県鶴岡市など、ご縁ができた土地の風を運ぶ活動にも力を入れている。最新刊「お昼が一番楽しみになるお弁当」(すばる舎)が好評発売中。

文=マツーラユタカ(つむぎや)
撮影=平松市聖

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >