2018/12/01 15:00

BIGBANGがデザインしたカフェも! 済州島に現れたK-POPファンの聖地

#162 Jeju-do
済州島(韓国)


済州島の南部の人気ビーチ、中文リゾート。ホテルやゴルフコースなどがある総合リゾートです。

 済州島について、お隣の韓国の島であるせいか、情報は入ってくるのですが、聞くと見るとでは、やはり違いました。“予想外”がいろいろと待っていました。


中心地の旧済州はビルが立ち並ぶ都会です。

 まず、大きい!

 空港近くの中心地、旧済州(クチェジュ)は、立派なビルが林立し、メイン通りでは車も渋滞。「あれ、のどかな島のイメージのはずが?」

 もちろん風光明媚な自然美が自慢の島ではありますが、実はシンガポールの約2.5倍の面積。世界遺産の自然やトルハルバン(石のおじいさん)が立つビーチのみならず、シティもありました。


東海岸で見かけた民家。どことなく沖縄の民家と似ています。

海底火山の噴火によって形成された、世界遺産の「城山日出峰」。上空から見ると、カルデラ状になっていることが分かります。

 とはいえ、少し車を走らせれば、やがてのどかな島の風景に。

 火山島らしい、溶岩を積み重ねた壁の囲いが連なり、豊かな緑や沖縄と似た造りの家並み、その向こうに海も見えてきました。

 この日は曇り空でしたが、晴れの日は島の中央にそびえる韓国最高峰の漢拏山も美しくそびえるそうです。


海女(ヘニョ)さんの村で見かけた、ポップで愉快なハングル文字の看板。

 さらに予想外だったのは、“東洋のハワイ”ではなかったこと。済州島は通年温暖だと思い込み、夏服しか持ってこなかった……(ちなみに、“東洋”ではなく、“韓国のハワイ”だそうです)。

 今回滞在した「ジェジュ・シンワ・ワールド・マリオット・リゾート」のスタッフいわく「済州島にはきちんと四季があり、それぞれに見どころがあります。冬は雪が降ることもあります」。服装選びは事前に気温をチェックしなくちゃ、ですね。

テーマパークやカジノを擁する
総合リゾートエリアが誕生


充実のウェルネス施設やカジノを併設するジェジュ・シンワ・ワールド・マリオット・リゾート。

 今回、訪れたマリオットがあるのは、島の南西部に2017年から順次オープン中の注目の新スポット「済州神話ワールド」内。

 総面積250万平方メートルの巨大な総合リゾートエリアで、4軒のホテルとレジデンス、カジノや免税店、ショッピングアーケード、レストラン群が集合しています。


G-DRAGONデザインのおしゃれなカフェ。

 敷地には韓国の人気グループ、BIGBANGのG-DRAGONがデザインしたボーリング場やカフェもあります。韓国の人気スターがホテルにプライベートで滞在するなど、K-POPファンの新たなる聖地となりそう。


ホテルに隣接する神話テーマパーク。ジェットコースターやメリーゴーラウンドのような乗り物系から、VRを駆使した体感系ゲームまであり、子供から大人まで楽しめます。

 また、人気キャラクターのテーマパークや、巨大スライダーやウェーブプールなどの仕掛け満載のウォーターパークとも隣接しています。

 滞在したジェジュ・シンワ・ワールド・マリオット・リゾートは、モダンなデザインに伝統的な済州島の文化を取り入れた、客室数627を数える大型デラックスホテル。

 手頃な5つのレストラン(朝食ビュッフェにあわび粥を発見!)や、通年快適な屋内プールにスパ施設などを備えつつ、テーマパークやウォーターパークと隣接しているので、思い切り遊べそう。

 園内だけでも滞在を完結することはできますが、火山が生んだ世界遺産や美味しい食を求めて島内探索をしない手はありません。


溶岩の地下通路、万丈窟。第2入口の約1キロ部分が一般に公開されています。

 北東部には約30~10万年前に火山活動で流出した溶岩によって形成された洞窟が5カ所あり、ハイライトは全長7,416メートルの「万丈窟」。

 しっとりとした空気の中、溶岩の流れによって形成された壁の模様などに地球のパワーを体感できます。


城山日出峰の麓にある、海女さんたちの入り江。

 東部にあるもうひとつの世界遺産、「城山日出峰」は約10万年前の海底噴火によって水上に隆起した、まるで王冠のような形の火山。

 済州島と一部つながっているので徒歩で渡ることができます。


漁の前に行う伝統的な歌を披露した後、海女さんは次々と海へ。

 そして、その麓では海女(ヘニョ)さんによる漁のデモンストレーションも。

アワビや黒豚やスイーツを堪能!


アワビのバター焼き。こうばしい香りがたまりません。

 そして、なんといっても食の楽しさ、ハンパなし!

 新鮮な海の幸が手頃に味わえ、夢のよう。やわらかく滋味深いアワビ料理、中でもアワビ粥は毎日食べたいくらい。


海鮮鍋を食べやすいように、スタッフが具材をはさみでチョキチョキ。この手際の良さ、骨付きカルビと共通するものが。

 海鮮鍋もエビやカニなど贅沢すぎるフルラインナップ。一緒にキムチやナムルなど、小皿のおかずもいっぱい!


あっさりとした豚骨スープのほか、脂がノリノリのまな板に乗ったドンベ肉など、名物の黒豚料理がずらり。

 黒豚の名産地でもあり、海辺の食堂でいただいた豚肉フルコースも大満足。豚骨うどんのような「コギグクス(豚骨麺)」や、まな板に乗った蒸し豚の「ドンベ肉」、コラーゲンたっぷりの豚足も美味。


お茶のミュージアムでは韓国の茶道も体験できます。

緑茶スイーツ、いろいろ。緑茶ミルクスプレッドは人気のお土産。

ミュージアムの前にある、緑の畝が美しい茶畑。

 さらに、韓国初のお茶のミュージアム「オーソルロク・ティー・ミュージアム」では緑茶のスイーツ三昧。


夕暮れの中文ビーチを散歩する老人。夏は華やかなビーチも冬に向かうこの季節はノスタルジックな風情。

 シメは島いちばんの美ビーチ、中文ビーチで美しいサンセットを満喫。

 想像以上に面白かった済州島。2泊でも濃密に遊べて、直行便なら成田から約2時間40分! またアワビ粥を食べにいきます。


丘の上に立つ「ザ・クリフ」は中文リゾートを一望する、ロマンティックなレストラン・バー。

済州島

●アクセス 済州国際空港へは直行便が成田と大阪から運航。成田からは所要時間約2時間40分、大阪からは約1時間50分
●おすすめステイ先
ジェジュ・シンワ・ワールド・マリオット・リゾート
https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/cjumj-jeju-shinhwa-world-marriott-resort/


古関千恵子 (こせき ちえこ)

リゾートやダイビング、エコなど海にまつわる出来事にフォーカスしたビーチライター。“仕事でビーチへ、締め切り明けもビーチへ”をループすること1/4世紀あまり。世界各国のビーチを紹介する「世界のビーチガイド」で、日々ニュースを発信中。
「世界のビーチガイド」 http://www.world-beach-guide.com/

文・撮影=古関千恵子

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >