2018/11/30 07:00

リゾットやカオマンガイもおまかせ!炊飯器で作れる驚きのレシピ3選

炊飯器をもっと活用して
ごちそうを作ろう


 バルミューダキッチンチームのand recipe山田英季さんとバルミューダ社員の木下直子さんに教わる、キッチン家電フル活用レシピ。


バルミューダキッチンスタッフの木下直子さん(左)と山田英季さん(右)。

 第2弾は蒸気の力で炊き上げるバルミューダの炊飯器「BALMUDA The Gohan」を使ったレシピです。

 ご紹介するのは、「カマンベールチーズリゾット」「刻みカオマンガイ」「ツナ甘辛煮のわさびごはん」の3品。どこぞの名店? と思うほどのおいしさで、炊飯器のポテンシャルに驚きますよ。

 もちろんすべて、ご家庭の炊飯器でも作れます。

チーズがとろけて至福の味!
カマンベールチーズリゾット


 まず最初にご紹介する炊飯器レシピは「チーズリゾット」です。カマンベールとパルミジャーノレジャーノを使用した贅沢チーズリゾットの上に、焼いたサーモンとたっぷりのマッシュルームを乗せて仕上げます。

 お米を炒めてから炊くので、お米が水分を吸収しすぎず、粒感が残るちょうどいい食感に。「早炊き」にして素早く仕上げるのも粒感を残すポイントです。

 さらに分厚く切ったサーモンもフォトジェニックで、味も見た目も一流レストランのクオリティです。

■材料(2人分)

・カマンベール:1/2個分
・パルミジャーノレジャーノ:8g

・お米:1合
・ベーコン:40g
・玉ねぎ:1/4個
・塩:小さじ1/2
・オリーブオイル:大さじ2
・水:適量(2合の線)

・生サーモン(皮なし):120g
・マッシュルーム:4個
・バター:10g
・塩:ひとつまみ
・黒こしょう:少々

・パルミジャーノレッジャーノ(仕上げ用):2g

■つくり方

(1) 玉ねぎとベーコンをみじん切りにする。パルミジャーノレジャーノをすりおろす。
(2) フライパンにオリーブオイルを温め、玉ねぎ、ベーコンをしんなりするまで炒め、塩とお米を研がずに加えて透き通るまで炒める。


(3) 炊飯器に(2)を移し、1合ではなく、2合の水位線まで水を加える。さらにパルミジャーノと半分に切ったカマンベールを入れて早炊き炊飯する。


(4) マッシュルームを薄切りにする。サーモンを3cm幅に切り、オリーブオイル(分量外)と塩と黒こしょうを振る。


(5) ホーローバットにクッキングシートをしき、マッシュルーム、サーモンの順に置き、バターを上にのせてトースター(クラシックモード)200℃で10分焼く。
(6) リゾットが炊きあがったら軽く混ぜ器に盛り付け、サーモンとマッシュルームをのせ、パルミジャーノを振る。


材料を入れたら、炊飯器にお任せ
刻みカオマンガイ


 続いては、甘辛のタレでごはんが進む、タイの炊き込みごはん「カオマンガイ」。

 材料を切って炊飯器に入れて、スイッチオン。炊き上がったら、パクチーを乗せて、タレをかけるだけで完成です。誰でも上手に作れるので、お料理初心者さんには特におすすめです。

■材料(2人分)

・鶏もも肉:1/2枚(150g)
・しょうが:5g
・にんにく:ひとかけ
・パクチー:1束 
・水:適量
・米:2合

[A]
・ナンプラー:小さじ1
・砂糖:小さじ1/2
・塩:小さじ1
・白ワイン:大さじ1

[B](タレ)
・味噌:大さじ2
・スイートチリソース:大さじ2 
・砂糖:大さじ1/2
・醤油:大さじ1/2
・ごま油:大さじ1/2

・レモン 適量

■つくり方

(1) 鶏もも肉は2cm角程度に切る。しょうがとにんにくをみじん切りにする。
パクチーの根をみじん切りにして、葉と茎は3cm幅に切り、それぞれ水にさらしておく。
(2) 炊飯器に研いだお米、[A]、パクチーの根を入れて、2合の水位線まで水を入れて軽く混ぜる。
(3) (2)に(1)の鶏肉、しょうが、にんにくをのせて炊飯する。


(4) ボウルに[B]を入れてよく混ぜ、タレを作る。
(5) 器に炊けたカオマンガイとパクチーの葉と茎を乗せたら、タレをかけて出来上がり。

簡単なのに小料理屋風の仕上がり
ツナ甘辛煮のわさびごはん


 ツナ缶を甘辛く煮て、炊き立てごはんに乗っけるだけのお手軽絶品レシピ。甘辛い味付けで、ごはんを何杯でもおかわりしたくなるおいしさです。

 卵焼きの上にツナの甘辛煮をのせてわさびを添えれば、まるで小料理屋さんのお料理に。飲んだ後の〆にもぴったりの一品です。

 ツナの甘辛煮は冷蔵保存で2~3日は持ちますので、たくさん作っておにぎりの具にするのも◎。

■材料(4人分)

・炊きたてごはん:4杯
・ツナ缶:2缶(140g)

[A]
・醤油:大さじ2
・砂糖:大さじ1と1/2
・みりん:大さじ2

・焼き海苔:適量
・わさび:適量
・しそ:適量
・半熟たまご焼き:1個分

■つくり方

(1) 鍋にAと油を切ったツナを入れて、混ぜながら少し水分が残る程度まで煮詰める。


(2) ごはんの上に海苔、半熟たまご焼き、(1)をのせて、細切りにしたしそとわさびを添える。



 お米を炊く以外にも、幅広く活用できる炊飯器。どのレシピも簡単にできますので、ぜひお試しください。次回はオーブンレンジ活用レシピをご紹介しますのでお楽しみに。


バルミューダキッチンチーム

バルミューダ社員の木下直子さんとand recipe山田英季さんによる食いしん坊チーム。バルミューダ公式サイトで、トースター、ケトル、炊飯器、オーブンレンジなどバルミューダ製品を使った楽しいレシピを毎月公開。同ページではプロの料理家レシピも合わせて100品以上の料理を掲載。同社の「キッチンをたのしく、テーブルをうれしく。」というメッセージをレシピを通して発信している。
バルミューダのレシピ集 
https://www.balmuda.com/jp/recipe/
BALMUDA The Gohan製品ページ
https://www.balmuda.com/jp/gohan/

【取材協力】
バルミューダ

https://www.balmuda.com/jp/

文=CREA WEB編集室
撮影=平松市聖

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >