2018/12/16 18:00

一緒に食べればリゾット気分! カブのポタージュごはん弁当

 自分のためのお弁当だから、人目を気にせず、気の向くままに。好きなものだけを詰め込んだっていいし、おかず2品だってもちろんOK! つむぎやのマツーラユタカさんが、マイ弁当のための楽ちんレシピを考案してくれました。


朝はじっくりスープでもつくって
トマトピラフは炊飯器におまかせ


それぞれで食べてもおいしい。一緒に食べるともっとおいしい!

 冬本番で、スープが恋しい季節。お弁当にも心がホッとするスープを持って行こう。

 朝の凛とした寒さのキッチンで、鍋でコトコト……。幸せな湯気で窓が曇ってきて、あぁ料理するって楽しいなって実感する冬の朝。

 スープをお弁当に持って行くなら、洋風なピラフをあわせたい。こちらはトマトジュースやバターと一緒に炊飯器で炊き込む楽チンレシピで。炊飯器のタイマーモードなんて利用すれば、前の晩にセットして朝にはもう出来上がり。


 旬を迎えたカブでポタージュをつくって、スープジャーに入れて持って行けば、ほっこりランチタイムに。スープとピラフをそれぞれで楽しむもよし。

 さらにはピラフにスープをあわせていただくと、リゾット気分で楽しめる! オフィスに電子レンジがあったら、ぜひごはんもアツアツにして、リゾットモードを堪能してくださいませ~。

◆カブのポタージュごはん弁当

○カブの味噌ポタージュ


■■材料(つくりやすい量)

・カブ:2個(約250g)
・じゃがいも:小1個
・昆布出汁:400ml(なければ水)
・味噌:大さじ1/2~
・塩:小さじ1
・黒こしょう:適量

■■つくり方

(1) カブとじゃがいもは皮をむいて8等分に切る。

(2) 厚手の鍋に昆布出汁を入れ中火にかけ、カブとじゃがいも、塩を入れてやわらかくなるまでゆでる。

(3) ブレンダーやミキサーにかけて、滑らかにする。味噌を溶きいれ、味見をして物足りなければ、適宜少しずつ味噌を加えて出来上がり。予めお湯を入れて温めておいたスープジャーに入れ、最後に黒こしょうをお好みでふる。


ポイント(1)

鍋やボウルに直接入れて使えるブレンダーがあると、ポタージュやディップづくりに重宝します。



ポイント(2)

味噌を使えばポタージュもどことなく和の趣で、やさしい味わいに。市販のコンソメなどに頼らなくてもおいしいスープをつくることができます。

○トマトピラフ


■■材料

・米:2合
・ソーセージ:4本
・まいたけ:1/2パック(50g)
・トマトジュース:小1缶(160ml、食塩入)
・水:適量(約240ml)
・バター:10g
・塩:小さじ1と1/2

■■つくり方

(1) 米を研ぎ30分ほど吸水させる。ソーセージは斜めに切り込みを入れる。まいたけは石づきをとってほぐしておく。

(2) 炊飯器または鍋に米を入れ、トマトジュースと水をあわせて合計400mlにしたものを注ぐ。塩とバターを入れて軽く混ぜ、ソーセージとまいたけを上にのせて炊き上げる。


マツーラユタカ(つむぎや)

物書き料理家。金子健一とともにフードユニット「つむぎや」として活動。“食を通して人と人、満ち足りたココロをつむいでいく”をモットーに、書籍や雑誌、イベントなどで創作和食を提案。地元である山形県鶴岡市など、ご縁ができた土地の風を運ぶ活動にも力を入れている。最新刊「お昼が一番楽しみになるお弁当」(すばる舎)が好評発売中。

文=マツーラユタカ(つむぎや)
撮影=平松市聖

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >